FANDOM


Saulrender
ソール・カラス
人物の情報
出身

コレリアン

死亡

3956 BBY、<リヴァイアサン>艦内

身体の情報
種族

人間

性別

男性

髪の色

目の色

肌の色

白色人種

年代と政治的な情報
時代

旧共和国時代

所属

ソール・カラス[1](Saul Karath)は惑星コレリア出身の人間男性で、マンダロア戦争の時代に銀河共和国宇宙軍に仕えていた提督3963 BBY、カラスは6かにも渡ってマンダロリアン軍を相手にジェブル=ヴァンクオ=ターニス線で持ちこたえ、少将の階級に昇格した。パダワン虐殺マスターたちに命を狙われ、逃亡中だったジェダイパダワンゼイン・キャリックから、惑星セロッコに危険が迫っていることを警告されたカラスは、キャリックがマンダロリアンスパイなのではないかと考えた。マンダロリアンがセロッコの地表を荒廃させると、カラスと仲間たちはキャリックを拘留し、その後アダスコープの指導者アーコウ・アダスカ旗艦、<アーカニアン・レガシー>でオークションに参加した。カラスの目的は、アダスカが持つエグゾゴース超兵器を共和国の制御下に置くために、交渉を行うことだった。アダスカの策略が未然に阻止された後、カラスはジェダイ盟約に関連する一連の事件で活躍する。この事件は、シス・アコライトハーゼンジェダイ・オーダーに反抗したことに端を発しており、最終的にジェダイ盟約は滅びた。

同じジェダイ・ナイトレヴァンマラックが率いるジェダイの派閥が戦争に参加し、カラスはレヴァンとマラックの副官になった。また、カラスはザ・クルーシブルと呼ばれる奴隷売買組織と戦うキャリックを手助けした。3960 BBY、戦争最後の戦いで共和国を勝利へと導いたレヴァンとマラックは、多数の共和国軍兵士を連れて未知領域へと旅立ち、ラカタンスター・フォージ宇宙ステーション(戦争兵器を大量に製造できる工場)を捜索したが、カラスは彼らに同行しなかった。1年後シスの暗黒卿になったレヴァンは、弟子マラックとともに共和国領へと帰還し、ジェダイ内戦が勃発した。3958 BBY、カラスは共和国からダース・レヴァンのシス帝国へと寝返り、旗艦の<リヴァイアサン>をレヴァンに差し出した。カラスの忠誠心をテストするため、マラックは惑星テロスIVを破壊するよう提督に命じた。テロスで何百万という一般市民を虐殺したカラスは、かつての部下で戦友のカース・オナーシの家族も殺してしまい、彼の恨みを買うことになった。その後、マラックはレヴァンを裏切ってシス帝国の支配権を握り、カラスは新しい指導者のもとで軍に仕えた。

ジェダイ内戦最後の年都市惑星タリス占拠したマラックは、ジェダイ・ナイトのバスティラ・シャンを捜索するため、シス艦隊に惑星の封鎖を命じた。その後、シャンの逃走を阻止するため、暗黒卿はカラス提督にタリスの爆撃を指示した。タリスを破壊した後、マラックとカラスは、バウンティ・ハンターカロー・ノードから、シャンがレヴァンらとともに生き延びていることを教えられる。マラックとカラスは、シャンを捕まえるためにノードを雇ったが、スター・フォージを捜索中のレヴァン(記憶を失い、ジェダイとして再訓練されていた)が、このバウンティ・ハンターを殺害した。レヴァンはスター・マップを使ってスター・フォージを見つけ出し、マラックのシャドウ・ハンドであるダース・バンドンを倒したが、カラスはレヴァンの宇宙船エボン・ホーク>を攻撃し、レヴァンとオナーシ、シャンを捕まえて拷問した。しかし、拘束を逃れた3人は、<リヴァイアサン>のブリッジでカラスと対峙した。カラスは、もし降伏すれば、慈悲深い処分を下すようマラックに頼んでやると告げたが、彼らは申し出を拒絶した。カラスとその兵士は敵対者たちを攻撃したが、提督は激しい銃撃戦の中で重傷を負う。に瀕したカラスは、レヴァンの正体が元シスの暗黒卿であることをオナーシに明かした後、命を落とした。

経歴

生い立ち

Karath captures Ying

トワイレックのジェダイを手助けし、バウンティ・ハンターのヴァリアス・イングを捕まえるカラス

人間男性、ソール・カラスは、コア・ワールド惑星コレリアで、職人労働者クラドック・カラスの子として生まれた。5人兄弟の長男だったカラスは、父が不在にすることが多かったため、弟たちの父親代わりをしながら、二交代制の兵器工場で働かなければならなかった。シス大戦中の3996 BBYシス卿ウリック・ケルドローマと、マンダロア・ジ・インドミタブル率いるマンダロリアン戦士団が惑星フォーロスト造船所襲撃した際、銀河共和国将校デイス・ゴリアードは戦闘中に軍隊を捨てて逃亡し、カラスの父クラドックは戦した。当時共和国は、ケル=ドローマやそのシス・マスターであるエグザ・キューンとシス大戦で争っており、カラスは工場での仕事を辞め、自ら共和国宇宙軍へと志願した。カラスは公式に宇宙軍に加わるにはまだ若すぎたばかりか、ならず者の世界で育ったために、宇宙軍アカデミーに入学するためのコネもなかった。しかし、この若きコレリアンに関心を抱いた艦隊指揮官オーレイ・ヴァニカスは、彼を下士官とし、艦長付きの係員として<リライアンスI>に搭乗させた。

カラスは何度か成果を収めたが、そのたびに障害も発生した。しかし、カラスは宇宙軍が自分の家族だと考えていたため、組織に対する信頼を失うことはなかった。やがてカラスは大佐へと昇格し、フリゲート艦<レシプロシティ>で指揮官としての最初の任務を経験する。この頃、カラスは海賊から輸送船団を防衛する任務を成功させた。また、マンダロア戦争が勃発するより前、カラスと彼の副司令官であるダラン・モーヴィスは、トワイレックジェダイを手助けし、バウンティ・ハンターヴァリアス・イングを逮捕した。またある時期、<レシプロシティ>で敵と交戦した際、カラスは部下の共和国軍パイロットカース・オナーシが高い技術を持っていることに気づいた。その後、イネクスパグナブル級戦術司令船カレイジアス>の指揮官へと昇格した際、カラスはオナーシを部下としてこの軍艦に搭乗させ、彼に“フリート”というニックネームを与えた。

マンダロア戦争

ヴァンクオの戦い

Captainkarath

ヴァンクオの戦いにて、カラス

3964 BBY、銀河共和国はマンダロア・ジ・アルティメット率いるマンダロリアン・ネオ=クルセイダーによって侵略され、マンダロア戦争に巻き込まれることになった。マンダロリアン艦隊からアウター・リム都市惑星タリスと近隣星系を防衛するため、カラスは防衛網の編成に力を貸した。旗艦<カレイジアス>から共和国軍を指揮したカラスは、惑星スアージャ星系でマンダロリアン軍と4度にわたる激しい戦いを行い、侵略者の進撃を押しとどめることで、共和国と敵軍の間の境界線、ジェブル=ヴァンクオ=ターニス線を守り抜いた。それから間もなく、カラスは交易の惑星ヴァンクオをネオ=クルセイダーから防衛するため、現地に派遣される。カラスが予測した通り、マンダロリアンによるヴァンクオ攻撃は、共和国侵略計画のごく一部に過ぎなかった。カラスの軍隊がヴァンクオで敵と戦っている間に、マンダロリアンはタリスで共和国艦隊の残りを襲撃したのである。しかしカラスは、この戦況を好意的に捉えていた。彼は、タリスのような重要な惑星が敵に脅かされれば、銀河元老院がより多くの兵員を紛争に割いてくれるだろうと確信していたのである。

ヴァンクオの戦いの中、ダラン・モーヴィス中尉は廃品貨物船が戦場から逃げ出そうとしていることをカラスに報せた。この宇宙船、<ラスト・リゾート>には、パダワンの虐殺の濡れ衣を着せられ、ジェダイ・マスターたちに追われていたジェダイパダワンゼイン・キャリックが乗り込んでいた。<ラスト・リゾート>は、マンダロリアン側の領域へとハイパースペース・ジャンプを行うとしていた。この宇宙船がキャリックのものであると報告されたカラスは、キャリックがマンダロリアンのスパイなのではないかと疑った。カラスは、ヴァンクオの戦いが終わった後で、個人的にキャリックに対処することに決めた。

セロッコの破壊

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

  • Star Wars: Knights of the Old Republic 0: Crossroads (言及のみ)
  • The Taris Holofeed: Prime Edition — Star Wars: Knights of the Old Republic 0: Crossroads
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 8: Flashpoint, Part 2
  • The Admiral's List: Jimas Veltraa Memorial Edition — Star Wars: Knights of the Old Republic 13: Days of Fear, Part 1
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 14: Days of Fear, Part 2
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 15: Days of Fear, Part 3
  • The Admiral's List: Remember Serroco! Edition — Star Wars: Knights of the Old Republic 16: Nights of Anger, Part 1
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 17: Nights of Anger, Part 2
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 18: Nights of Anger, Part 3
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: Daze of Hate
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 22: Knights of Suffering, Part 1 (言及のみ)
  • The Admiral's List: Karath Home Safely — Star Wars: Knights of the Old Republic 22: Knights of Suffering, Part 1
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 30: Exalted, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 31: Turnabout
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 32: Vindication, Part 1 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 34: Vindication, Part 3
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 35: Vindication, Part 4
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 47: Demon, Part 1 (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic 49: Demon, Part 3
  • Star Wars: Knights of the Old Republic: War 4 (回想シーン)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic (初登場)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic II: The Sith Lords (言及のみ)

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはソール・カラスに関する5枚の画像があります。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki