FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

Bulq Headshot
ソーラ・バルク
人物の情報
出身

スリルーアルール

死亡

19 BBY (16:5)、サルーカマイ

身体の情報
種族

ウィークウェイ

性別

男性

髪の色

目の色

茶色

肌の色

灰色~茶色

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属
師匠

ドゥークー ダーク・ジェダイ・マスター)

弟子

ソーラ・バルク[1](Sora Bulq)はウィークウェイジェダイ・マスター衛星ルールバルク家出身。彼はジェダイたちの中で、そのライトセーバーの技術で知れ渡った存在だった。ジェダイのあらゆるライトセーバー・コンバットを習得していたバルクは、彼らの中でももっとも偉大なライトセーバーのフォームの指導者のひとりである。そのため、バルクは仲間のジェダイ、メイス・ウィンドゥの誘いを受け、彼が新しい戦闘フォーム・ヴァーパッドを開発する手助けをする。ヴァーパッドのフォームの使用者は、フォースのダークサイドに極めて近付きながら戦う必要があった。だが、バルクはそのダークサイドの虜となってしまう。

クローン戦争の序盤の時期、バルクは秘密裏にダークサイドの研究に没頭していた。やがてドゥークー伯爵に捕らえられた彼は、完全にダークサイドに転向してしまったのだった。

バルクはドゥークーのエージェントとして暗躍し始めた。彼はジェダイ・オーダーに分裂をもたらす企みで、銀河共和国のために戦争で戦うことに疑問を感じていた数人のジェダイに自分に加わるよう呼びかけた。呼びかけに応じたものたちとの会合で、バルクは駆けつけたウィンドゥを暗殺者に仕立て上げようと画策する。ウィンドゥはバルクがダークサイドに転向したことを悟り、アサージ・ヴェントレスによる会合の襲撃を生き残ったものたちに、ジェダイ・オーダーへ戻るよう説得した。おおやけにドゥークーの側に付いたバルクは、ダークサイドに転向して独立星系連合に加わったジェダイたちの集団、ダーク・アコライトたちに指示を出す立場になる。

惑星サルーカマイモアグカイ・シャドウ・アーミーの指導者の地位にも就いたバルクは、戦争の全体においてもっとも良く知られたジェダイの反逆者のひとりであった。この軍団がクローン戦争の最後の数ヶ月の共和国側の包囲を受けたとき、バルクはオポー・ランシセスを殺害した。しかしその後、バルクの二重スパイとして暗躍していたジェダイ・マスター、クインラン・ヴォスがダークサイドを拒絶し、バルクと戦った。バルクはヴォスに敗北し、彼によって殺害される。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。


ダーク・アコライト
指導者
ダース・ティラナス
アコライト(見習い)
ソーラ・バルク · アーテル・ダーク · ダーク・アコライト・トリオ · カロク · サート
カドリアン・セイ · トル・スコア · セヴランス・タン · トレノックス
ニコス・タイリス · アサージ・ヴェントレス · ヴィノク · クインラン・ヴォス · ドゥークーのドッペルゲンガー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki