FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ソーラ・ネイベリー[2](Sola Naberrie)はルウイージョバル・ネイベリーの娘で、パドメ・アミダラの姉。のちに、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナ・ソロのおばになる。

経歴

ソーラ・ネイベリーは大学で細菌工学を 研究していたとき、彼女の未来の夫である若き建築家、ダレッド・ジャンレンに出会う。結婚後、彼女はふたりの娘リョープージャ・ネイベリーを出産する。ネイベリーという姓がナブーの社会や政治上において知名度が高かったことを認識していたソーラとダレッドは、結婚後もこの姓を使い続けることを決めた。

幸せな家庭をもつ身になったソーラは、妹のパドメに誰か結婚相手の男性を見つけるようにとからかうことを大いに楽しんでいた。時にパドメは姉のからかいに怒ることもあった。アナキン・スカイウォーカーネイベリー家を訪れた際、ソーラは彼がパドメが最初に家に連れてきた“ボーイフレンド”だと彼の前で話した。実際、アナキンはのちにパドメと結婚し、ソーラの義兄弟になる。

6 BBY、ソーラの娘プージャは帝国元老院元老院議員になった。

制作の舞台裏

ソーラ・ネイベリーを演じたのはオーストラリア人の女優クラウディア・カーヴァン

登場作品

脚注

  1. 出典:The Official Star Wars Fact File 105
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』に基づく。

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki