FANDOM


「我らはかつての悲劇より、今もなお立ち直れずにいます。この先もきっと無理でしょう。そんな我々にパルパティーンは、余りにも重い負の遺産を残していきました」
―ソーシャ・ソルーナ[出典]

ソーシャ・ソルーナ(Sosha Soruna)は人間女性で、帝国時代惑星ナブー女王を務めていた人物。エンドアの戦いの直後、ナブーを訪れた反乱同盟レイア・オーガナ新共和国創設を支持することを約束した。また、彼女はナブーを侵略した帝国軍と戦うため、自らN-1スターファイターに乗り込んだ。

経歴

ナブーの女王

人間女性、ソーシャ・ソルーナは銀河帝国時代ミッド・リム惑星ナブー女王に選出された。女王に選出される前年、ソルーナは戦闘教程を受け、スターファイター操縦技術を学んだ。銀河内戦中、ナブー王室保安軍キャプテンコォロや、惑星の総督を務めるドンタ・ゲセットがソルーナ女王の統治を支えていた。

エンドアの戦い以降

エンドアの戦いで銀河帝国を破った後、共和国再建のための同盟モン・モスマ議長はナブーにプリンセスレイア・オーガナシャラ・ベイ中尉を派遣した。彼女たちはシード宮殿で女王と対面し、新共和国設立と元老院再建のため、ナブー人の支援を求めた。ソルーナはナブー出身の皇帝パルパティーンが残した負の遺産は余りにも大きいと語り、プリンセスの申し出を喜んで受け入れると答えた。オーガナたちと面会中、ナブーは帝国軍気候操作網による攻撃を受けた。帝国は皇帝が死んだ場合に備え準備していたシンダー作戦を開始し、ナブーは最初の標的のひとつに選ばれたのである。

オーガナとベイは攻撃が人工衛星によるものだと判断し、スターファイターで反撃に出る必要があると判断した。ソルーナは彼女たちをナブーの戦い以来使われていないN-1スターファイターが格納されたシード・ハンガーへ案内し、自らパイロットに名乗りを上げた。パイロットとしての経験が長いベイ中尉の先導のもと、ソルーナとオーガナはナブー上空の戦いに出撃した。彼女たちはインペリアルII級スター・デストロイヤートーメント>から放たれたTIE/ln宇宙特化型スターファイターの大軍を前に苦戦を強いられたが、ランド・カルリジアン将軍率いる同盟軍艦隊の援軍に救われた。女王たちは気候操作網をすべて破壊し、ナブーはシンダー作戦の脅威から防衛された。

登場エピソード

他言語版