FANDOM


ゼクスト(Xexto)は惑星トロイケン出身の細身の知覚種族である。彼らは細身の体格で、6本の腕を持っていた。ゼクストは手先が非常に器用で、その特性を生かし、極めて危険性が高いポッドレース競技に参加することもできた。ゼクストの間ではスリングショットの人気が非常に高く、たくさんの腕で巧みにこの武器を使用した。有名なポッドレーサーパイロットガスガノや、ロザルキャピタル・シティで質屋を営んでいたファーピル・ワラウェイはゼクストだった。

生態と特徴

ゼクストはエイリアン知覚種族で、体格は小柄、肌は青白く、6本の腕には合計で24本の指が生えていた。ゼクストの首と手は小さな丸い体から伸びており、この種族のメンバーは一番下に位置する1組の腕を脚として使うことが多かった。細長い首に支えられた頭部には、細い口と、比較的大きな赤や黒のがあった。全てのゼクストに共通する特徴ではなかったが、ゼクストのポッドレーサー・パイロットガスガノは額の色が紫だった。ガスガノの身長は1.22メートルだった。

社会と文化

ゼクストの母星トロイケンではスリングショットの人気が高かった。複数の腕を持つゼクストは、この種の武器を巧みに扱うことができたのである。また、ゼクストは種族特有の器用さを活かして危険な競技であるポッドレースに参加することができた。

銀河系におけるゼクスト

Gasgano Podracing

ゼクストのレーサー、ガスガノ

惑星トロイケンに起源を持つゼクストは、アウター・リム・テリトリーの各地で生活を送っていた。エンドアの戦い以降の時代には、コア・ワールドに位置する銀河共和国銀河帝国首都惑星コルサントにもゼクストが少なくとも1人住んでいた。

共和国衰退期、ナブー侵略事件が発生した頃、ガスガノという名のゼクストがポッドレーサーパイロットとして活躍していた。彼はレース機<オード・ペドロヴィア>に乗り込み、砂漠惑星タトゥイーンで開催されたブーンタ・イヴ・クラシック・ポッドレースに出場した。彼はハット犯罪王ガーデュラ・ベサディ・ジ・エルダーのためにレースに参加し、ガーデュラとジャバの大きな賭けの対象となった。彼はアナキン・スカイウォーカーを破ることができず、2着でゴールインする。また、タトゥイーンの宇宙港都市モス・エスパにはゼクストが何人か住んでおり、そのうちの1人はポッドレース会場で食べ物の売り子を務めていた。

帝国時代、ゼクストのファーピル・ワラウェイがアウター・リムの惑星ロザル質屋を営んでいた。ワラウェイは質屋の経営者であると同時にスリ師でもあった。彼は「コミッショナー」と呼ばれる人物から仕事を請け負い、ロザルで開催される違法スポーツ「グラディエーター・ナイト」のチケットを売りさばいていた。違法スポーツを主宰するコミッショナーの正体は、ジェンクスという名の帝国軍中尉だった。賞金稼ぎボスクと孤児のエズラ・ブリッジャーによって違法行為を暴かれた際、ジェンクスはワラウェイを殺害した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。