FANDOM


セーバートゥース級攻撃救出船(Sabertooth-class assault/rescue vessel)は第二次帝国内戦のあいだに銀河同盟残存勢力が使用した、主力艦の階級である。

特徴

Galactic Alliance support ship2

セーバートゥース級の前面、背面、側面

セーバートゥース級攻撃救出船はふたつの巨大でしなやかな、引っ掛けるための「歯」を備えていた。これはかなり強化されており、ほとんどどんなダメージにも適応することが出来た。この近距離用のグラップリング(引っかけ)・システムにより、セーバートゥース級は敵の船をしっかりつかんでヴェノム攻撃分隊を送り込んだり、あるいは損傷を追った味方の船に歯を突き刺して、乗組員を救出したりした。この船は捕まえたものを戦場の外にすばやく引っ張っていくための強力なエンジンと、敵の攻撃を軟化しほぼ損害を受けずに衝突を乗り切ることが出来た、頑丈な上部構造を備えていた。急いで退却するときのために、歯は廃棄していくことも可能だった。

知られている船

登場作品

  • Star Wars: Legacy 10: Trust Issues, Part 2 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 21: Indomitable, Part 2 (回想シーン)
  • Star Wars: Legacy 36: Renegade
  • Star Wars: Legacy 42: Divided Loyalties

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki