FANDOM


Sevrance tann
セヴランス・タン
人物の情報
出身

シーラ

死亡

21.75 BBY (13)、クラント

身体の情報
種族

チス

性別

女性

髪の色

目の色

肌の色

年代と政治的な情報
時代

帝国の勃興時代

所属
師匠

ダース・ティラナス

セヴランス・タン[1](Sev'rance Tann)はチス・スペースを去り、ダーク・アコライト及び分離主義者ドロイド軍団の将軍となってクローン戦争で活躍したチスの女性。未知領域の惑星シーラ出身である彼女は、この頃では珍しく、同胞のもとを去った数少ないチスだった。22 BBYにクローン戦争が勃発する前、彼女は恋人のヴァンダローとともにドゥークー伯爵と独立星系連合のエージェントとなる。ドゥークーにフォースのダークサイドの使い方を教わったタンは、彼からもっとも信用を置かれていた部下のひとりになった。戦争が始まると、タンはジオノーシスで戦い、分離主義者が使用するためにケイアー・オービタル・プラットフォームを徴発した。ドゥークーが銀河共和国側の新兵器デシメイターの存在を知ったとき、タンはその兵器のある場所を見つけ、連合のためにそれを盗み出すよう命令を下す。

タトゥイーンエレデン・プライムアラリス・プライムで勝利を収めた後、タンは共和国からデシメイターを盗み、分離主義者のためにその使用を準備する。ドゥークーの命令に従い、タンはコア・ワールドの多くの星系に動力を供給できるエネルギーを持つ惑星、サラピンにデシメイターを使用した。惑星の地熱エネルギー発生装置は破壊され、多くのコアの惑星が暗闇の状態になる。そしてタンはデシメイター建設を監督するため惑星クラントへと送り込まれるが、彼女にパダワンをジオノーシスで殺された恨みがあるジェダイ・マスターエチュウ・シェン=ジョンもクラントへやってくる。デシメイター製造工場をシェン=ジョンが破壊した後、タンは彼の新しいパダワンナト・リースを誘拐した。その後、カランティアンの森の中にある連合の要塞における対決で、タンはシェン=ジョンに殺害された。戦争で目覚しい活躍をしたタンだったが、彼女が戦った時期はちょうど1ヶ月程度のものだった。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
ダーク・アコライト
指導者
ダース・ティラナス
アコライト(見習い)
ソーラ・バルク · アーテル・ダーク · ダーク・アコライト・トリオ · カロク · サート
カドリアン・セイ · トル・スコア · セヴランス・タン · トレノックス
ニコス・タイリス · アサージ・ヴェントレス · ヴィノク · クインラン・ヴォス · ドゥークーのドッペルゲンガー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki