FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

銀河帝国センチネル基地は、アウター・リム・テリトリー無名の星系に属す荒涼としたの上に築かれていた。

特徴

センチネル基地のある衛星は有ガスに包まれ、冷たく荒涼とした環境が広がっていた。重力は標準よりわずかに低い程度で、しばしば激しい嵐に見舞われるため、地上には彩りが少なかった。この衛星は渦巻きを描く巨大なガス惑星の軌道を周回しており、暗い空の大部分を惑星が占めていた。センチネル基地に配属された銀河帝国の人員は、この衛星で発生する嵐を冗談めかして“土砂降りの土砂”と呼んでいた。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版