FANDOM


センターポイント・ステーション[1](Centerpoint Station)は古代の宇宙ステーションで、トラクター・ビームを使用することで惑星を移動させることを可能としていた。この宇宙ステーションはセレスティアル銀河共和国の誕生よりも以前の時代に建造した。この宇宙ステーションはそれから何万年もあとの時代にまで残っていた。

特徴

センターポイント・ステーションはその巨大な容積の中にウルトラ=ハイ・エネルギー・システムが極度に収縮され、収められていた。長い間、この古代の巨大宇宙ステーションには銀河系における研究と宙図技術がつぎ込まれ、熟考が重ねられていた。しかし、このステーションの主要なプロセスを理解するには至っていなかった。

Nebulon-B Frigate

コレリアン星系におけるネビュロンBフリゲートとセンターポイント・ステーション

この宇宙ステーションのシステムは、核、磁気、電力、そしてトラクター・ビームとハイパースペース・パワーを大量に発生することができ、“ハイパースペース・トラクター・ビーム”として使用できることが発見された。センターポイント・ステーションは、この強力なトラクター(牽引)・ビームを用いて、ハイパースペースを通してどんな標的も捉えることが出来た。これは恒星並みに巨大なものでも“掴む”ことが可能であり、捕捉できる範囲の中ならば容易に“掴んだ”標的をどこへでも動かすことが出来た。また、ステーションはこのパワーを利用することで恒星や惑星を破壊することも可能である。大規模な重力の流動によって星の核を破壊するのである。

強力なハイパースペース・トラクター・ビームのアレイは巨大な円錐に似た構造で成り立っており、ステーション内で6つのより小さな円錐に囲まれていた。システム操作において、明確に設計された幾何学的なアレイはビームの動力源として機能した。

幅は100キロメートルであり、全長は350キロメートルと、初代デス・スターよりも大きな宇宙ステーションだった。遠くから見ると、これはタラストララスに向けふたつの小さな筒がついた、大きく部分的に半透明の球体に見えた。内部にはハロウタウンとして知られていた空洞エリアが存在し、ステーションの強力なトラクター・ビーム・アレイと同様、ここはあるときに入植され、何百万という市民が住んでいた。このステーションは人工重力が発明される以前の建造物だったため、重力をシミュレートするため回転していた。

ハロウタウンとセンター内にある太陽に似た場所、グロウポイントは、ステーションの動力源であり以前の入植者と建設者たちの秘密だった。

モー星団には似たデザインの小さなステーションが存在し、住民たちはこれをシンクホール・ステーションと読んでいた。

歴史

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki