FANDOM


セルメリア[1]Sermeria)はエクスパンション・リージョンロクリス宙域セルメリア星系に存在した農業惑星クローン大戦ではストーン・マイトの脅威にさらされたが、都市部に被害が及ぶ前に、害虫は駆除された。

歴史

セルメリアは、1019 BBY当時から、銀河共和国に加盟していた静かな農業惑星だった。この、のちにジェダイ・ナイトになるジョアン・オソーン首都アドリスに生まれた。

銀河共和国の末期、銀河元老院ラナス・レードがセルメリアを代表していた。バクトイド・アーマー・ワークショップ社テクノ・ユニオン銀河系各地の5つの惑星にあったB1バトル・ドロイド工場を閉鎖した際、レード議員は、テクノ・ユニオンが事業をアウター・リム・テリトリーに移転していることを指摘した。レード議員は、テクノ・ユニオンが表向きにはバトル・ドロイドの製造を中止しているのに、原材料の買い取りを続けていることに着目した。しかし、彼の主張には裏付けが無く、ビジネス・アナリスト数名によって論破されてしまう。3かに及ぶ調査でも証拠は見つからず、レードの政治キャリアと評判は失墜した。その後、彼は自殺する。しかし実際のところ、レードの推理は正しかった。クローン大戦が始まると、密かに製造されていたバトル・ドロイドがジオノーシスを始めとする星々から出現したのである。

レードの後、イスター・パディーが新たな代表議員になった。軍隊創設法に反対するコレリア鎖国政策を開始した際、パディーは彼らの行動は傲慢だと批判した。パディーは、自分の宙域コレリアンの3分の1しか資源が無いが、共和国に留まり続けると主張した。

間もなく、セルメリアの首都にあるセルメリアン・ファースト・ハウスに謎の荷物が到着した。この包みは、建物のロビーの鉢植えの裏に隠されているところを、清掃ドロイドに発見された。パディー議員とディブラ・ボーン首相に宛てられたこの包みの中には、パルパティーン最高議長の人形と、害虫ストーン・マイトが詰められていた。この危機に際し、政府は数時間閉鎖されたが、爆弾処理用ドロイドとセルメリアン・バイオ=リーグの活躍で害虫は駆除された。

パルパティーン議長がロイヤリスト・コミッティーを組織した際、パディーも10人の創設メンバーのひとりになり、エクスパンション・リージョンの利権の代表者として働いた。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒の会合』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki