FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

セイ・タリア[1](Sei Taria)は惑星スピラ出身の人間女性で、銀河共和国最高議長フィニス・ヴァローラム補佐官を務めた人物である。タリアは、銀河系首都惑星コルサントで、37 BBY当時から最高議長のオフィスに務めていた。ここで彼女は、ヴァローラムが共和国に存在する無数の官僚的方針や手順に従うための手助けをしていた。ヴァローラムが最高議長の職を解かれた際、タリアも政治から身を引いた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki