FANDOM


「皇帝の補佐官だったセイト・ペスタージュは、帝国をまとめ、維持すべき立場にあったが、みじめに失敗していた。ペスタージュは、マスターの死を知って帝国の玉座を引き継ごうと思うほどには狡猾だったが、彼には帝国を導いていくカリスマ性も影響力もないうえに、敵が大勢いた」
ヴォレン・ナル[出典]

セイト・ペスタージュ[1](Sate Pestage)は人間男性で、長期にわたって皇帝パルパティーンの右腕を務めた顧問である。彼は皇帝の真の姿を知る数少ない人物のひとりだった。パルパティーンがナブー選出の元老院議員だった時代からその傍らにいたペスタージュは、銀河共和国最高議長になったパルパティーンの顧問になり、やがては銀河帝国大宰相になった。

銀河共和国の時代、ペスタージュはスパイ活動から殺人に至るまで、パルパティーンの秘密任務を多くこなしていた。ホスの戦い当時、帝国の大宰相になっていたペスタージュは、国家の日々の活動を統制する役割を与えられていた。ペスタージュはパルパティーンのアシスタントも務め、彼の予定管理や通信の選別、そして皇帝個人の問題の監督なども行っていた。

エンドアの戦いでパルパティーンがんだことで、帝国の宮廷内で最高権力者となったペスタージュは、臨時の皇帝としてコルサントと帝国の支配権を握った。しかし他の帝国顧問たちはペスタージュに刃向い、帝国情報部イセイン・アイサード長官など、軍人たちも彼の敵対者となった。自身の安全を確保するため、ペスタージュは新共和国と取り引きし、コルサントを明け渡すことを条件に、星々の支配権や特権を与えて欲しいと申し出た。しかしペスタージュはアイサードに捕えられ、デレク・クレンネル提督によって殺害された。ただし、ペスタージュは惑星ビィスに赴き、そこで死んだとも言われていた。死んだ時期の異なるふたりのペスタージュのうち、どちらか一方がクローンだったのだと信じられた。

経歴

元老院議員の補佐官

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

個性と特徴

制作の舞台裏

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはセイト・ペスタージュに関する1枚の画像があります。

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。