FANDOM


ズェル[1](Zhell)は惑星コルサントにもともと住んでいた民族で、この惑星に住む人間の住民の祖先である可能性がある。彼らはズェル軍(Battalions of Zhell)として知られた13の国家から成り立っていた。

銀河共和国が誕生するよりも前の時代、ズェル軍は何世紀にも渡ってコルサントでタング族たちと戦い、その結果惑星を支配するに至った。この戦いの途中、コルサントの火山が噴火しズェルの主要な都市を破壊したために、ズェルはほとんど壊滅状態にまで陥った。この火山灰はコルサントに2年間舞い続けて空を覆い、彼らの敵であるタングがダ・ウェルダ・ヴェルダ(影の戦士の意)と呼ばれるようになった由来となる。これと同じ名前の叙事詩が戦いを記録し、歴史は後世に残ることとなった。

ズェルは最終的にタングたちをコルサントの外へと追いやることに成功し、タングたちはルーンへと逃れていった。これ以来、人々はコルサントが人間の故郷であると考えるようになり、歴史家たちはズェルが銀河系における人間種の祖先であるかもしれないと仮定したのだった。銀河標準暦における曜日の名前、ズェルデイはズェルを由来にしていると思われる。

登場作品

  • Death in the Slave Pits of Lorrd (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki