FANDOM


「恐ろしく賢いドロイドだ」
レックス[出典]

スーパー・タクティカル・ドロイド(Super tactical droid)はバクトイド・コンバット・オートマタ社が製造したTシリーズ・タクティカル・ドロイドの改良型。独立星系連合バトル・ドロイドを率いる司令官としてクローン戦争に参加した。スーパー・タクティカル・ドロイドは分離主義勢力ドロイド軍将軍を務めた。

特徴

「おれの仲間はうまくやってるようだ。降参するなら今だぞ」
「私のプログラムはお前のユーモアを理解できない」
ガラゼブ・オレリオスカラーニ[出典]

バクトイド・コンバット・オートマタ社製のスーパー・タクティカル・ドロイドTシリーズ・タクティカル・ドロイドの欠点を補うために開発された。このドロイドはTシリーズと同様ヒューマノイド型の体格で、全長1.94メートルだった。スーパー・タクティカル・ドロイドは戦場でバトル・ドロイドの軍隊を指揮し、敵に捕えられても尋問に抵抗するようプログラムされていた。

歴史

「民心は恐怖で取り戻せる」
―カラーニ[出典]

クローン戦争中、ドゥークー伯爵はスーパー・タクティカル・ドロイドのカラーニ将軍オンダロンへ派遣した。この星は分離主義者のサンジェイ・ラッシュによって統治されていたが、前任者ラムシス・デンダップの復帰を望む反乱軍が結成され、首都イジズ内戦が勃発していた。カラーニは反乱軍を徹底的に撲滅するべきだと考えていたが、オンダロン近衛兵タンディン将軍は和解も視野に入れた作戦を立てていた。結局、タンディンはラッシュ王やカラーニに愛想を尽かして反乱軍に離反し、デンダップ王の解放に力を貸す。オンダロンのドロイド軍が敗北した後、ドゥークー伯爵はカラーニに命じて用済みとなったラッシュ王を殺し、部隊を惑星アガマーへ引き揚げさせた。

オート=オーという名のスーパー・タクティカル・ドロイドは分離主義勢力の暗号化モジュールを運ぶドレッドノート艦を指揮した。共和国はモジュールを奪取するためD分隊を送りこみ、オート=オーは分隊の一員であるR2-D2によって破壊された。その後、D分隊は惑星アバファー上空で分離主義者に乗っ取られたヴェネター級スター・デストロイヤーに忍び込んだ。この軍艦にはスーパー・タクティカル・ドロイドが1体乗り込んでいたが、共和国戦略会議への特攻攻撃で破壊された。

スーパー・タクティカル・ドロイドのクラーケンリンゴ・ヴィンダ戦いトレンチ提督を補佐した。共和国軍のクローン・トルーパーCT-5385(タップ)がジェダイ将軍ティプラー殺害した際、トレンチはドゥークーの命令でタップを生け捕りにした。クラーケンはタップを運ぶシャトルを指揮したが、ジェダイアナキン・スカイウォーカーが船内に忍びこみ、尋問に口を割らないクラーケンを破壊した。しかしクラーケンはのちに修復され、スキピオ戦いにも参加する。クラーケン率いる分離主義勢力宇宙軍インターギャラクティック銀行グループの支配権をめぐる陰謀に加担した。

登場エピソード

参考資料