FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

スルイス宙域[1](Sluis sector)はアウター・リム・テリトリーにある宙域。この宙域には、アゴラブファッシュダゴバデナブケレストオートプリシトリンスルイス・ヴァンといった惑星が含まれていた。宙域はケオグ・ブーアンによって調査された。

銀河共和国元老院でスルイス宙域を代表していたのはボー・グラカス、そしてコーリッシ・ルダー元老院議員である。新共和国元老院ではザイラー議員が代表した。宙域の指導者の称号はケーディヴと呼ばれる。スルイス宙域の境界はセスウェナ宙域と接している。

クローン戦争勃発前、スルイス宙域はエルロード宙域ダンジャー宙域タントラ宙域とともに銀河共和国を離れ、独立星系連合に加わった。このため、共和国はリマ・トレード・ルートに近づけなくなった。

クローン戦争中、ブファッシダーク・ジェダイのグループが、ブファッシュ星系を中心に宙域中で恐怖と破壊の暴動を起こした。彼らはジェダイ・マスターヨーダが率いる部隊によって鎮圧されている。大戦終了後、ヨーダは宙域内のダゴバに住み着いている。

制作の舞台裏

スルースというカタカナ表記も存在したが、のちにスルイスに統一されている。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki