FANDOM


この記事はマンダロアになったARCトルーパーを扱っています。 あなたが探しているのはスパー宙域や別のアルファかもしれません。

スパー(Spar)はアルファØ2(Alpha-Ø2)として生まれたアルファ級アドバンスト・レコン・コマンドーで、クローン大戦中にマンダロリアン・スーパーコマンドーを再結成し、独立星系連合のために戦った。マンダロア・ザ・リザレクター(Mandalore the Resurrector)として知られる。マンダロリアンバウンティ・ハンタージャンゴ・フェットクローンだったアルファØ2は、共和国グランド・アーミー兵士となるべく惑星カミーノで生み出された。他のクローン兵より独立志向が高く、より自由な思考の持ち主だったアルファØ2は、誕生から8半後に、自分がジャンゴ・フェットの記憶を受け継いでいることに気付いた。カイヴァル・ダードクターミジ・ギラマーの助けを借り、アルファØ2は<スレーヴI>の貨物室に乗ってカミーノを脱出し、カミーノアンの訓練官から呼ばれていた“スパー”というニックネームを名乗るようになった。

クローン大戦勃発前、スパーはバウンティ・ハンターとして銀河系を旅した。ジオノーシスの戦いで大戦の火蓋が切って落とされ、ジャンゴ・フェットが殺されると、スパーはマンダロリアン・スーパーコマンドーを立て直す必要性を感じ、惑星マンダロアを訪れた。サティーン・クライズ女侯爵による反戦運動を退けた後、スパーは指導者“マンダロア”となり、惑星マンダロアから200名の警察(フェン・シサトビ・ダラを含む)と12名の元デス・ウォッチのメンバーを集めてマンダロリアン・プロテクターを形成した。マンダロリアンの古い伝統を守るしるしとして、彼は“マンダロア・ザ・リザレクター”を名乗った。ガリドラーンの戦いで多数のマンダロリアンを殺したジェダイを打倒するため、スパーはクローン大戦で独立星系連合に組して戦った。

プロテクターはヌルニュー・ボーナレックス、カミーノ、ニュー・ホルスティスザージャ、そしてマンダロアなどで戦い、分離主義勢力のためにマンダルモーターズ社本拠地を占拠した。スパーはパスーア級哨戒艇BLシリーズ・バトル・レジョネアドロイドなど、新しい軍需品をマンダロリアンにもたらした。彼らの最後の任務は惑星ノーヴァルIIパドメ・アミダラ元老院議員を誘拐することだったが、ダース・シディアスに裏切られ、銀河共和国に待ち伏せされてしまう。この任務を生き延びたのは、シサとダラ、そして心に深いショックを受けたスパーの3人だけだった。スパーはマンダロアの称号を放棄したが、その後数かは惑星マンダロアに留まっていた。滞在中、急速に老化するクローン・トルーパーたちを癒す手段に関して情報を集めるため、スパーはカル・スキラータとその仲間たちに協力した。彼はやがてエクストリクタリウム星雲へと姿を消し、数後、父親ボバ・フェットの命を狙うエイリン・ヴェルにフェットと間違えられて殺害された。

経歴

カミーノ

アルファØ2はマンダロリアンバウンティ・ハンタージャンゴ・フェットクローンとして、32 BBY惑星カミーノカミーノアンによって生み出された。共和国グランド・アーミーの一員になるため生まれた彼は、アドバンスト・レコン・コマンドー兵士テスト・クラスの第一世代だった。カミーノアンはクローンたちに均一性を染み込ませ、彼らに選択の自由と個性を制限したが、アルファØ2はカミーノアンの製品のうち、1パーセントの確率で出現する失敗作だった。同じクラスに属す100名のARCトルーパーのうち、彼だけが独立心と自由な思考を持ち、匿名性を強いられることを拒否し、銀河共和国に対する忠誠心を抱かなかった。通常のクローン・トルーパーの中に3.5パーセントの比率で存在したクローンの異常者たちと同様、アルファØ2も更生されることになった。アルファØ2はプロセスを通過しなかったが、他のクローンに溶け込む姿勢を見せ、特異な性質を隠し通した。カミーノアンの訓練教官たちは、彼のことを“スパー”と呼んだ。アルファØ2はマンダロリアン・カイヴァル・ダーの訓練教官のひとりで、医師として働いていたミジ・ギラマーと親しくなった。クローンとして生まれてから8と半年後、生物学的には17歳に成長したアルファØ2は、ジャンゴ・フェットの功績について耳にしたことがきっかけで、自分自身のものではなくジャンゴ・フェットの記憶を呼び起こすことになった。フェットの記憶はアルファØ2を急かしたて、再調整の対象になってしまうことを理解していた彼は、カミーノからの脱出に備えた。アルファØ2はギラマーに会うため、精神錯乱と頭痛を装った。ギラマーは、宇宙船スレーヴI>の貨物室にアルファØ2を乗せ、カミーノから密かに運び出すようジャンゴ・フェットに要請した。こうしてアルファØ2は、共和国グランド・アーミーからの最初の脱走兵となった。

MandalorianProtectors-GAW

マンダロリアン・プロテクター

カミーノを去ると同時に、アルファØ2は“スパー”を自分自身の名前として使うことに決めた。彼は精神状態を整理するために、銀河系の各地、特にアウター・リム・テリトリーで片手間の雑務をこなすようになった。彼はほとんどの仕事をバウンティ・ハンターとして引き受け、生け捕りを専門とした。クローン大戦の火蓋が切って落とされた第一次ジオノーシスの戦いでジャンゴ・フェットがぬと、スパーは自分のすべきことはマンダロリアン・スーパーコマンドーを立て直すことだと結論した。スパーは惑星マンダロアへと旅し、新しく結成したマンダロリアン・プロテクターに地元の警察を隊員として募った。フェン・シサトビ・ダラという名の惑星マンダロアの保安官を含む200人の地元警察と、デス・ウォッチと呼ばれたマンダロリアンの派閥の元メンバー12人が、スパーのもとに集まった。マンダロア全域に、スパーがジャンゴ・フェットの息子で、マンダロリアンを立て直すためにやって来たのだという噂が広まった。クローン大戦における惑星マンダロアの立場を中立に保つことを望む、サティーン・クライズ女侯爵率いる平和主義の一派、新マンダロリアンがスパーと対立することになる。しかし20 BBYにクライズが死亡したことでスパーは相手派閥に勝利し、マンダロリアンの指導者の称号、マンダロアを手に入れた。マンダロリアンが優れた民族であるという古くからの伝統の象徴として、彼は“マンダロア・ザ・リザレクター”を名乗る。フェン・シサがスパーの背後にいる影の実力者であるという噂も存在したが、シサがスパーの忠実な部下にすぎないことを、ほとんどの人々は理解していた。

マンダロア

Mandaloriansclonewars

クローン大戦で戦うスパー、シサ、ダラ

ガリドラーンの戦いでマンダロリアンを殺したジェダイ・オーダーに憎しみを抱くスパーは、プロテクターを率いて独立星系連合に加わった。マンダロアのスパーは、部隊にパスーア級哨戒船を加える。新シス大戦の前線において、マンダロリアンがマンダリアン・ジャイアントをいかに利用していたかを思い返し、フェン・シサとドロイドC-3PXの遭遇についても知ったスパーは、分離主義勢力のドロイド工場を使って1,000体という限られた数のBLシリーズ・バトル・レジョネア・ドロイドを生産した。スパーとプロテクターはニュー・ホルスティスヌルザージャといった銀河系の各地でジェダイや共和国と戦いを繰り広げた。スーパーコマンドーの部隊は、分離主義勢力に代わって秘密任務を遂行した。大戦の山場が近づいていた時期、スパーとプロテクターは都市ケルデイブにあるマンダルモーターズ社施設を乗っ取り、分離主義勢力のために使うため、マンダロアの政府を手助けした。分離主義勢力の主要指揮官が命を落とすと、マンダロリアンとバトル・レジョネア・ドロイドはニュー・ボーナレックスやカミーノに対して報復攻撃を行った。共和国はスパーを殺すため暗殺者を放ったが、この試みは失敗に終わった。

クローン大戦が終わりに近づいていた頃、分離主義勢力を影から指揮していたダース・シディアスは、スパーとスーパーコマンドーをノーヴァルII派遣し、パドメ・アミダラ元老院議員を誘拐させるようマンダロリアン政府に指示した。しかしシディアスはマンダロリアンを裏切り、スパーたちは共和国の待ち伏せに遭う。任務を生き残ったプロテクターは、スパーとシサ、ダラの3人だけだった。深くショックを受けたスパーは、マンダロアの地位を放棄する。スパーはその後もしばらく惑星マンダロアに留まり、シサは幾度となく彼にマンダロアに復帰するよう頼んだが、受け入れられることはなかった。

その後

クローン大戦最後の半年、スパーはエンセリの街でクローンの逃亡兵ファイと出会った。その翌、ふたりはケルデイブにあるオユバートタップカフェで再会し、ARCトルーパーの逃亡兵サルやシサと合流した。フェットの誰かがマンダロアの民をまとめることを望むシサは、再度スパーに指導者となるよう頼んだ。スパーはシサに対し、自分が復帰を考えているという噂を流すのは勝手だが、本当に戻るつもりはないと告げ、きっぱりと要請を拒否した。彼らの会合は、元ジェダイのバーダン・ジャシックが現れたことで中断された。ジェダイに悪感情を抱くサルはジャシックと口論を始め、スパーはふたりを止めようとした。しかしスパー自身もまたジェダイであるジャシックに敵意を抱いており、コルサントへ発とうとしていたジャシックとファイの前に、元ARCトルーパーたちと共に立ちはだかった。ジャシックはされるがままにしていたが、彼がもはやジェダイに対する忠誠を抱いていないことが明らかになると、スパーは引き下がり、サルもそれに倣った。ジャシックの友人、カル・スキラータが、クローンの老化と寿命の短さを治す方法を模索しているという噂を聞いていたスパーは、ジャシックに真偽を確かめた。ジャシックはそれが真実であると認め、スパーとサルはコルサントに向かう彼らに加わった。

1か後、スパーはギラマーと再会し、スキラータと顔を合わせた。スキラータたちが探し求める加齢に対する処置方法と引き換えに、スパーは彼らに加わることに同意した。スキラータは彼らに、クローン遺伝子研究に取り組んでいた分離主義勢力の科学者で、彼らの助けになり得るオヴォロット・クワイル・ユザンが、現在共和国に拘留されていることを教えた。また、スキラータはポルス・アナクセスにある共和国拘留センターから、娘のルーサーンを自由にしたいと考えていた。スパーはファイやジャシックと一緒に、この任務に参加することになった。ほぼ2か月を準備に費やした後、3人のクローンはクローン・トルーパー・アーマーに身を包み、囚人に扮したジャシックを引き連れてアナクセスの施設に潜入した。彼らはキャンプの指揮官に対し、ルーサーンの身元を確認するためにジャシックを連れてきたと主張し、ルーサーンをコルサントに移すための偽の証明書を見せた。彼らは監房からルーサーンを脱出させたが、この少女は非常に反抗的だった。スパーはジャシックがフォース・スタンを使うまで、彼女を押さえつけなければならなかった。スパーたちは彼女を宇宙船に運び、惑星から逃げ去ることに成功した。コルサントの戦いのさなか、彼らはコルサントでスキラータの養子、オルドと合流する。ジャシックはスパーとサル、ルーサーン・スキラータ、ARCトルーパーのメリール、ユザン、ジャンゴ・フェットの姉アーラ(最後のふたりはコルサントの刑務所から救出された)をアグレッサー・アサルト・ファイターに乗せ、彼らを惑星外に運ぶことに成功した。

スパーが復帰を拒否したため、マンダロアの役目はフェン・シサに引き継がれた。数か月後、スパーはカイリモルトにあるスキラータの本拠地に赴き、ユザンからFG36ウイルス(もともとユザンが開発した生物兵器で、新しく誕生した銀河帝国によって使われていた)に対抗するための免疫治療を受けた。急速な老化を治療するユザンの試みの進捗状況を知ったスパーは、彼女が開発したどんな物質の実験台になってもいいと申し出た。やがてスパーは、エクストリクタリウム星雲へと姿を消した。スパーの精神にはふたつの記憶が共存しており、それらを整理しようとするうちに、彼はクローン・マッドネスになってしまった。何年も後に、エイリン・ヴェル星雲内でスパーを発見する。この時点で、スパーは自分が現実と幻覚のどちらを見ているのか自信を持てなくなっていた。スパーが自分の父親、ボバ・フェットだと信じたヴェルは、彼を撃って殺害した。

その遺産

エイリン・ヴェルはスパーのマンダロリアン・アーマーとARCトルーパー用カーマを身に着け、バウンティ・ハンターとして仕事をする間、ボバ・フェットに扮装した。スパーをボバ・フェットと間違えたのは彼女だけではなかった。プロテクターたちがスパーのことをジャンゴ・フェットの息子だと信じていたため、フェン・シサはクローン大戦において自分の指揮官を務めたのはボバだったと語った。

個性と特徴

カミーノのクローンであるアルファØ2は、他の標準的な兵士よりも高い独立心を持ち、カミーノアンの施設で強いられる均一的な匿名性は、自由思考の持ち主である彼をいらだたせた。トレーニングの間、アルファØ2はクローン軍団に迫りくる未来を知る。これは彼が脱出を考える理由のひとつになった。グランド・アーミーからの逃亡者ファイは、スパーが軍を離脱したことについて罪の意識を感じていないだろうと考えたが、過去に悔いを残しているのではないかと疑っていた。決して陽気な男ではなかったスパーは、戦争から大きな影響を受けた。戦争はスパーから何かを奪い、ショックから立ち直れない彼は、現実と幻覚の区別がつかないほど、妄想と無能の状態に陥ってしまう。

優れた洞察力と知識を持つスパーは、過去のマンダロアが通った経歴について、情報の追及を怠らなかった。彼はステルス戦闘技術に精通しており、自身の位置を特定しようとする敵を振り切ることが出来た。訓練とフェットから受け継いだ技術によって、スパーは広大な銀河において生き残るための利点を手に入れていた。他のクローン・トルーパーと異なり、スパーは戦いにおけるルールを守らず、捕虜は連行するよりも殺害することを好んでいた。

スパーはマンダロリアンの古い伝統をとても重んじていた。スパーはグランド・アーミー創設のために遺伝子を売ったフェットを軽蔑していたが、彼自身もまた傭兵として活動し、仕事の見返りを求めていた。彼はジェダイに対する悪意を捨てず、オーダーを去った者に対しても敵意を見せていた。オーダー66が実行された際、スパーはクローン軍団によってジェダイが抹殺されたことに、非常に満足していた。スパーはグランド・アーミーを率いた報いが、ジェダイに訪れたのだと信じたのである。

制作の舞台裏

スパーはダニエル・ウォーレスジェイソン・フライクレイグ・ロバート・キャリージェフ・クイックジェフェリー・クインらが執筆したロールプレイング・ゲーム・ソースブック、『Geonosis and the Outer Rim Worlds』(未邦訳)で初登場したキャラクターである。スパーのキャラクターに関する説明は簡潔なもので、カミーノからの脱出した経歴と、ジャンゴ・フェットによって倒されたのではないかという記述が掲載されていたに過ぎなかった。しかし2005年に発表されたスター・ウォーズ インサイダーの記事、『The History of the Mandalorians』において、アベル・G・ペーニャが新しい設定を後付けする。ペーニャはこの記事で、数十年前の設定と新3部作の矛盾を解消した。

1983年に出版されたマーベル・スター・ウォーズコミック、『Star Wars 68: The Search Begins』(未邦訳)において、マンダロリアンがクローン大戦に参加していたことが明かされた。作中におけるフェン・シサの発言によれば、シサとトビ・ダラは皇帝のためにボバ・フェットのもとでジェダイと戦った。この時彼らは、プリンセスレイアを捕えるよう命じられていた。しかしその後の作品で、クローン大戦時のボバ・フェットの年齢はまだ10代前半であり、のちに皇帝となるパルパティーンもまだ最高議長だったことが明らかになる。皇帝の矛盾は、マンダロリアンがパルパティーンの影の顔、ダース・シディアスに仕えていたと説明することで解消され、彼らの標的もレイアではなくその母パドメ・アミダラだったことにされた。ボバ・フェットの大戦参加の問題を解決するため、ペーニャはアルファØ2を使うアイデアを思い付いた。『Geonosis and the Outer Rim Worlds』が発売されると、ペーニャはスパーが自分の考える役割に最適だと判断した。彼はスパーをクローン大戦期のマンダロリアンの指導者に設定し、フェン・シサが自分の指揮官をボバ・フェットと呼んだのも、スパーが“ジャンゴ・フェットの息子”だという噂が流れていたことが原因だとした。また、ペーニャはスパーのクローン名をアルファØ2に設定する。「Ø」を使ったのは、スパーを区別し、彼がどこか不完全であることを視覚的に表現するためである。記事印刷の際のレイアウト・ミスによって、スパーの画像はジャンゴとボバ・フェットの見出しの上に誤って表示された。スパーが顔に大きな傷跡を負っているのは、スパーの記事の初期草案の設定に由来している。記事ではスパーが死んだ時期について言及されておらず、ペーニャは7 ABYから11 ABYの出来事だろうと推定している。

カレン・トラヴィスの小説、『Revelation』(未邦訳)によって、スパーに関する新しい矛盾が生じた。ペーニャの記事では、フェン・シサはスパーをボバ・フェットと勘違いし、彼に従っていたと説明された。しかし『Revelation』ではシサがスパーの背後で影の指導者となり、スパーをボバに仕立てて表向きのマンダロアとして利用する様子が描かれた。トラヴィスの次作、『Order 66: A Republic Commando Novel』ではスパーのストーリーがさらに大きく変更された。小説作中で、スパーはマンダロアになって欲しいという要請を断ったと語られた。スパーはマンダロアにならず、分離主義勢力にも加わったことはなかった。小説の最後で、シサはジャンゴ以来最初のマンダロアになる。しかしこの小説が示した新しい見解は、ほかの作品とは一線を画す例外的なものだった。その後発売された『The Complete Star Wars Encyclopedia』や『The Essential Atlas』、『Galaxy at War』はスパーがマンダロアだった設定を支持し、特に『Galaxy at War』では、シサが影の指導者だったというのは噂に過ぎないと説明された。『Order 66』の続編、『Imperial Commando: 501st』では、さらに新しい矛盾が生まれている。作中でスパーは分離主義勢力のウイルスに対する接種を受けており、分離主義勢力との戦争開始前に共和国軍を離れていたという設定と食い違いを見せている。

登場作品

  • Republic Commando: True Colors (言及のみ)
  • Order 66: A Republic Commando Novel
  • Imperial Commando: 501st
  • Star Wars 68: The Search Begins (初登場) (回想シーン) (後付設定)
  • Bloodlines (間接的に言及)
  • Revelation (言及のみ)

参考資料

マンダロア
歴代マンダロア
1世 (7000 BBY頃) · ザ・コンクェラー (7000 BBY以降~3996 BBY以前)
ジ・インドミタブル (~3996 BBY) · ジ・アルティメット (39963960 BBY) · 名称不明 (3957 BBY頃)
ザ・プリザーヴァー (3954 BBY~) · ザ・レッサー (3667 BBY~) · ザ・ヴィンディケイテッド (~3653 BBY)
アング・カスプ (1500 BBY頃) · ザ・ユナイター (1051 BBY) · 名称不明 (~132 BBY頃)
ジャスター・メリール (6052 BBY) · ジャンゴ・フェット (5222 BBY)
ザ・リザレクター (~19 BBY) · フェン・シサ (19 BBY21 ABY) · ボバ・フェット (23 ABY~)
チャーナン・オルド (~127 ABY) · ヤガ・オークス (127 ABY~)
年代不明
ザ・デストロイヤー · ザ・バインダー · ザ・ハンマーボーン
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki