FANDOM


ストームIVツイン=ポッド・クラウド・カー(Storm IV Twin-Pod cloud car)はクラウド・カーという呼び名で知られた大気圏内移動用のリパルサークラフトである。ベスピン・モーターズ社製。惑星ベスピンクラウド・シティで一般的に使用されていた。

特徴

ベスピン・モーターズ社製ストームIVツイン=ポッド・クラウド・カーは、ふたつのポッドがひとつに組み合わさったパトロール用リパルサークラフトである。まばゆいオレンジの船体に、イオン・エンジンリパルサーリフト・ドライブを搭載していた。パイロットは左側のポッドに乗り込み、砲手は右側のポッドで2門のブラスター砲を操作した。[1]

歴史

ストームIVツイン=ポッド・クラウド・カーは惑星ベスピン採鉱植民地クラウド・シティで一般的に使用されていた。ホスの戦いの直後、クラウド・シティを訪れた<ミレニアム・ファルコン>はツイン=ポッド・クラウド・カーのパトロール機と一触即発の状態になったが、しばらくしてランド・カルリジアン執政官から着陸許可を得た。

登場作品

Cloud carEP 5.jpeg

クラウド・カー

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki