Fandom

Wookieepedia

ステネス・ノード

9,763このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
類似した名称の記事はステネス(曖昧さ回避)を参照

ステネス・ノード[1]Stenness Node)はインナー・リム内の主要採鉱惑星を含む星系を中心とする、採鉱産業の重要な地である。

歴史

何世代もの間、ステネス・ノード(交差点)には公式の政府が無く、無政府状態であった。ヤヴィンの戦いから4000年前ほど、周囲の星と交流を持たなかったこの領域は、その重要な鉱石資源と無政府状態とが相まって、暗黒街の大物グレート・ボガ・ザ・ハットとその同じ穴の狢とでも言うべき金持ちにつけ込まれてしまった。さらに4000年の時が経ち、エンドアの戦いの20年後には、完全にボルボル・ザ・ハットに支配される事になる。

この領域には25種類のヒューマノイドが住み、「ネッシー」と言う総称で呼ばれている。彼らは適応力が高く、生き延びる為に採鉱の仕事に従事していた。採鉱されたミュートニウムは、イズール出身のエイリアン種族、イズーランの鉱石運送業者が銀河の各地に運んでいった。

登場作品

参考

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki