FANDOM


「反乱が成功すれば、政治も武力もどちらも必要になるわ」
―スティーラ・ゲレラ[出典]

スティーラ・ゲレラ(Steela Gerrera)は人間女性で、ソウ・ゲレラの妹。クローン戦争中、オンダロン反乱軍の中心人物として独立星系連合ドロイド軍と戦った。反乱軍は内戦に勝利して故郷オンダロンを分離主義勢力から解放したが、スティーラは最後の戦いで命を落とした。

経歴

クローン戦争中、惑星オンダロン独立星系連合の支配下に入ると、スティーラは兄のソウラックス・ボンテリと共に反乱軍に参加した。分離主義者のサンジェイ・ラッシュを倒して故郷を解放するため、反乱軍はジェダイ最高評議会に援助を求めた。評議会は寄せ集めの反乱軍兵士に戦闘訓練を施すためジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービアソーカ・タノクローン・キャプテンレックスをオンダロンへ派遣した。パダワンのアソーカはボンテリと面識があり、異性として想いも寄せていたが、彼が今はスティーラと親しくしていることを知って止むを得ず身を引いた。

ジェダイの訓練で力を付けた反乱軍は、壁に覆われた首都イジズに侵入してアジトを設置し、散発的なテロ活動を開始した。ケノービ、スカイウォーカー、レックスたちがコルサントに戻った後、反乱軍は独力でイジズ発電所の破壊に成功する。その後、スティーラはドノの提案で反乱軍のリーダーに選出され、前王ラムシス・デンダップの救出作戦を指揮することになった。自分がリーダーに選ばれなかったことに不満を持つソウは、1人で先走ってデンダップの救出を試み、分離主義勢力に捕えられてしまった。その翌日、反乱軍はヨーラン広場の処刑場を襲撃し、スーパー・タクティカル・ドロイドカラーニ将軍が率いる部隊に包囲されたが、オンダロン近衛兵タンディンたちに窮地を救われた。

デンダップを救出した反乱軍は、イジズ郊外の山岳地帯で分離主義勢力の大軍を迎え撃った。デンダップはスティーラを正式な司令官に任命し、反乱軍および近衛兵の指揮権を与えた。反乱軍は新型兵器のHMPドロイド・ガンシップに苦しめられたが、海賊ホンドー・オナカーが最新鋭のミサイル・ランチャーを反乱軍に届けたおかげで、戦況は覆った。しかし反乱軍の勝利が目前に迫っていた時、ソウが破壊した最後のドロイド・ガンシップが崖に激突し、その上にいたスティーラは足場を失って落下した。ボンテリやタノは彼女を救おうとしたが失敗し、反乱軍の指導者は突然の死を遂げる。その後オンダロンは分離主義者から解放され、首都イジズでスティーラの葬儀が執り行われた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。