FANDOM


Executor and escorts

インペリアル級スター・デストロイヤーと並んだエグゼクター級スター・ドレッドノート

スター・ドレッドノート(Star Dreadnought)は軍艦の分類。“スーパー・スター・デストロイヤー”とも称される銀河帝国エグゼクター級スター・ドレッドノートや、ファースト・オーダーマンデイターIV級シージ・ドレッドノートメガ級スター・ドレッドノートなどが知られる。一般的にスター・ドレッドノートはスター・デストロイヤーよりも巨大で、強力な火器を搭載していた。

種類

エグゼクター級スター・ドレッドノート

Executor-SWE

エグゼクター級艦

「スーパー・スター・デストロイヤー」の通称で知られるエグゼクター級スター・ドレッドノートは帝国宇宙軍最強・最大の軍艦だった。全長19,000メートルを誇り、5,000もの砲台を搭載していた。シス卿ダース・ヴェイダーの旗艦<エグゼクター>や<アナイアレイター>がこの級種。

マンデイターIV級シージ・ドレッドノート

FirstOrderDreadnought

マンデイターIV級艦

「ファースト・オーダー・ドレッドノート」という通称で知られるマンデイターIV級シージ・ドレッドノートは全長7,669.72メートルを誇り、強力な機動爆撃用キャノンを2基備えていた。34 ABY、マンデイターIV<フルミナトリックス>がレジスタンス基地に対する攻撃作戦に使用された。

メガ級スター・ドレッドノート

Supremacy Sphero

メガ級艦

「メガ・スター・デストロイヤー」とも呼ばれたメガ級スター・ドレッドノートは横幅60,542.68メートルの超巨大軍艦で、ファースト・オーダーの指導者スノーク旗艦スプレマシー>1隻しか製造されなかった。

参考資料