FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「スター・デストロイヤーから逃げるんだ!」
「ここまで来て逃げられるか」
「超新星爆発に突入するようなものだぞ!」
バーチ・テラーサリク[出典]
ISD-I

インペリアル級スター・デストロイヤー銀河帝国の力の象徴だった

スター・デストロイヤー(Star Destroyer)は、銀河共和国銀河帝国の時代からファースト・オーダーの時代にかけて使用されていた、ダガー型の船体を持つ強力な主力艦の系統。有名なスター・デストロイヤーとして、ヴェネター級スター・デストロイヤーや、その後継種であるインペリアル級スター・デストロイヤーが挙げられる。

種類

インペリアル級スター・デストロイヤー

Imperial I-class SD - RO

インペリアルI級艦

クローン戦争終結後、ヴェネター級スター・デストロイヤーに代わる存在として登場したインペリアル級スター・デストロイヤーは、銀河帝国宇宙艦隊の主力艦船となった。インペリアルI級インペリアルII級という下位級種が存在した。

エグゼクター級スター・ドレッドノート

ExecutorShuttle-ESB

エグゼクター級艦

「スーパー・スター・デストロイヤー」の通称で知られるエグゼクター級スター・ドレッドノートは、銀河帝国最強・最大の軍艦だった。全長19,000メートルを誇り、5,000もの砲台を搭載していた。シス卿ダース・ヴェイダーの旗艦<エグゼクター>や<アナイアレイター>がこの級種。

セキューター級スター・デストロイヤー

セキューター級スター・デストロイヤーはクローン戦争の終結から間もない頃に銀河帝国が使用したスター・デストロイヤーの一種である。ドッド・ランシット中将が指揮した<コンクエスト>がこの級種。

テクター級スター・デストロイヤー

Bayless

テクター級艦

テクター級スター・デストロイヤーは銀河帝国が銀河内戦で使用したスター・デストロイヤーの一種である。インペリアル級艦とよく似ていたが、腹面ハンガー・ベイが無い等、わずかに違いがあった。テクター級艦の姿はエンドアの戦いで確認されている。

ヴィクトリー級スター・デストロイヤー

ヴィクトリー級スター・デストロイヤーは銀河帝国が使用したスター・デストロイヤーの一種。

ヴェネター級スター・デストロイヤー

Imperial attack cruisers

ヴェネター級スター・デストロイヤーはクローン戦争で銀河共和国の主力艦船として活躍した。クローン戦争が終結した後、ヴェネター級艦は船体を白一色に塗り直され、帝国宇宙軍の所属となった。ヴェネター級艦のデザインはインペリアル級艦に引き継がれていた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。