FANDOM


スター・コミューター2000(Star Commuter 2000)はハイパードライブを搭載した非武装のシャトルである。サクール・インダストリーズ社が製造した。近隣の惑星間を行き来する旅行者のための小型旅客機として利用され、RXシリーズ・パイロット・ドロイド操縦士を務めた。船内にはダブルシートが2列になって並んでおり、各座席にシートベルトが付いていた。ロザル暦3272年当時、ロザルガレルの間をRX-24という名のドロイドが操縦するシャトルST-45が結んでいた。この年、宇宙船ゴースト>の反乱分子銀河帝国マーケス・チュア大臣からT-7ディスラプター・ライフルの情報を聞き出すためST-45に乗り込んだ。

登場エピソード

参考資料

脚注