FANDOM


「銀河を救え、ライトセーバーを手に!」
―キャッチコピー[出典]

スター・ウォーズ 反乱者たち』(原題:Star Wars Rebels)は、映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の間を描くテレビ・アニメ・シリーズである。2014年10月3日、1時間のテレビ映画『スター・ウォーズ 反乱者たち/反乱の口火』がプレミア公開され、10月13日から通常エピソードの放送が始まった。日本ではディズニーXDにて『反乱の口火』が2015年1月24日に公開、2月8日から通常放送が開始し、10月6日から地上波での放送も始まった。『スター・ウォーズ 反乱者たち』は2012年ウォルト・ディズニー・カンパニールーカスフィルムを買収して以来初めてとなる、大規模なスター・ウォーズ・プロジェクトである。

シリーズは宇宙船ゴースト>で旅する寄せ集めの反乱者たちと邪悪な銀河帝国との戦いを描いている。<ゴースト>チームのメンバーは、自分にフォースの力が備わっていると知った惑星ロザルの孤児エズラ・ブリッジャーオーダー66を生き延びたジェダイケイナン・ジャラストワイレックパイロットヘラ・シンドゥーラマンダロリアンの爆発物専門家サビーヌ・レンラサットの戦士ガラゼブ・"ゼブ"・オレリオス、そして“チョッパー”のニックネームで知られるつむじ曲がりのアストロメク・ドロイドC1-10Pから成る。一行はやがて反乱同盟軍の設立に関わることになる。

2013年5月20日、ルーカスフィルムはテレビ・アニメ・シリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』を終了して新しいテレビ・シリーズを始めると発表しし、『スター・ウォーズ 反乱者たち』のアナウンスを行った。このシリーズはデイヴ・フィローニサイモン・キンバーグキャリー・ベックが制作し、テイラー・グレイフレディ・プリンズ・ジュニアヴァネッサ・マーシャルタイア・サーカースティーヴ・ブラムデヴィッド・オイェロウォジェームズ・アール・ジョーンズアシュリー・エクスタインディー・ブラッドリー・ベイカーフィリップ・アンソニー=ロドリゲスサラ・ミシェル・ゲラージェイソン・アイザックスらが出演した。2015年11月30日、ディズニーXDは『スター・ウォーズ 反乱者たち』のシーズン3を放送すると発表し、2017年3月3日には、『スター・ウォーズ 反乱者たち』のシーズン4を放送すると発表した。

基本設定

このシリーズは『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の5年前、銀河帝国による統治開始から14目より始まる。悪の銀河帝国が銀河中に力を及ぼしていた暗黒の時代の最中、帝国に接収され支配されていた辺境の惑星で、数人の勇気ある人々、<ゴースト>チームが帝国のストームトルーパーやTIEファイターの支配に対して立ち上がるところでシリーズは始まる。彼らは共に迫り来る悪と戦い、冒険に出ながら英雄となっていくのだった。

主な登場人物

KananCrew

<ゴースト>の乗組員たち

『スター・ウォーズ 反乱者たち』は宇宙船<ゴースト>の乗組員である6人のメイン・キャラクターの活躍に焦点を当てている。<ゴースト>チームはストリート・キッドのエズラ・ブリッジャー、元ジェダイケイナン・ジャラストワイレックの女船長ヘラ・シンドゥーラ、10代のマンダロリアンで爆発物専門家のサビーヌ・レンラサットの怪力戦士ガラゼブ・"ゼブ"・オレリオスアストロメク・ドロイドC1-10P(チョッパー)によって構成される。また、このシリーズには尋問官をはじめとする複数のヴィラン(悪役)が登場する。

エズラ・ブリッジャー

エズラ・ブリッジャーはフォース感応能力を持つ15歳の人間男性で、両親が銀河帝国による厳しい統治を批判する放送を行って連行されたため、帝国の統治下にある惑星ロザルでストリート・キッドとなり、詐欺を働きながら独りで暮らしていた。8年間自力で生き延びたあと、エズラは<ゴースト>という名の貨物船に乗る反乱者たちと仲間になり、エネルギー・スリングショットスタン・ブラスターを内蔵したライトセーバーを手に、帝国との戦いに加わることになる。彼はケイナン・ジャラスのもとでジェダイの訓練を積み、<ゴースト>のクルーたちと親交を深めていく。

ケイナン・ジャラス

Blue Glass Arrow 詳細はケイナン・ジャラスを参照

ケイナン・ジャラスはフォース感応能力を持つ人間男性である。銀河帝国創立前はジェダイ・マスターデパ・ビラバパダワンだった。彼はオーダー66に端を発するジェダイの粛清を生き延び、<ゴースト>の乗員となるまでは隠遁生活を余儀なくされた。ケイナンはふたつに分解可能なライトセーバーDL-18ブラスター・ピストルを携帯しておりフォースの使用に関してエズラに助言を与える。ヘラ・シンドゥーラが<ゴースト>のパイロットであるが、ケイナンは事実上のリーダーとしてグループを率いる。

ヘラ・シンドゥーラ

Blue Glass Arrow 詳細はヘラ・シンドゥーラを参照

ヘラ・シンドゥーラはトワイレック女性で<ゴースト>のパイロット/所有者である(しかし合法的に手に入れたとは限らない)。自立した強い心の持ち主であるシンドゥーラは、<ゴースト>乗組員の中でも中心的存在で全員をまとめそれぞれの長所を引き出している。彼女はまだ仲間たちに話していない理由から帝国と戦う才能あるパイロットである。フォース=センシティブではないがそのパイロットおよび砲手としての熟練の腕前はフォースの使い手と変わらないほどで、彼女は最後まで戦い抜く覚悟ができている。シンドゥーラはエズラ・ブリッジャーとサビーヌ・レンの母親がわりでありゼブ・オレリオスが短気を抑えるのに一役買っている。また、バイナリーを理解することができる。

サビーヌ・レン

Blue Glass Arrow 詳細はサビーヌ・レンを参照

サビーヌ・レンは16歳のマンダロリアンの女性グラフィティ・アーティストである。帝国アカデミーを脱走した元バウンティ・ハンターで<ゴースト>では武器の専門家として知識を活用している。彼女はアーマー、髪、<ゴースト>にも色をつけ、船内を自身のグラフィティでいっぱいにした。

ガラゼブ・"ゼブ"・オレリオス

ガラゼブ・"ゼブ"・オレリオスはラサットの男性で、ホームワールドで起きた虐殺に抗議して最初に帝国に立ち向かった種族の人々からなるラサン儀仗兵である。その結果、粗暴な振る舞いをするようになったが、<ゴースト>の肉体派として帝国に対する反乱への忠誠は忘れていない。訓練を受けた優秀な戦士であるゼブはその恐ろしい容姿に反して高い知能と技術を有していた。オレリオスは嫌々ながらもエズラ・ブリッジャーと仲間になったが、ふたりともチョッパーを嫌っておりこのドロイドの方でも同じ気持ちであった。オレリオスの一番の趣味はストームトルーパー(彼は「バケツ頭」と呼んだ)を打ちのめすことであり戦闘では軽々とした動きを見せる。

チョッパー

Blue Glass Arrow 詳細はC1-10Pを参照

C1-10Pは主にチョッパーと呼ばれる<ゴースト>のアストロメク・ドロイドである。スペア・パーツから作られたチョッパーは生命体の影響を受け、短気で気難しく頑固で無関心である。それでもチョッパーは危険から味方を救出する状況では欠かせない存在としてたびたび活躍している。彼とゼブ・オレリオスはお互いに嫌いあっている。ヘラ・シンドゥーラがチョッパーの所有者である。

展開

構想

『スター・ウォーズ 反乱者たち』はデイヴ・フィローニサイモン・キンバーグキャリー・ベックらが原案を出した。発案者であるベックは「間違いを正すために駆け回る特攻野郎Aチーム」にすることを提案した。フィローニはここから『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』の最初のコンセプトを思い出し、The Art of Star Wars: The Clone Warsでは「最初の漠然としたアイデアは少人数のキャラクター(ジェダイ・マスターとパダワン、密輸業者とそのガールフレンド、ランカーというグンガンの猛者)を描くことだった。彼らを<ミレニアム・ファルコン>式の密輸船に乗せ、闇市での取引や戦時諜報員など銀河規模の戦争の裏で起きていた物語をやってみようと思った」と語っている。

『スター・ウォーズ』タイムラインのどこに『反乱者たち』を設定するかが話し合われ、反乱時代をメインに据えることに決まった。このため、シリーズは銀河帝国が猛威を振るった『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の間を描いているが、重複を避けるため『新たなる希望』に近すぎない時期の設定となっている。銀河中を舞台にした『クローン・ウォーズ』とは異なり『反乱者たち』では小さなグループに所属するキャラクターの視点で反乱が描かれている。フィローニによればキンバーグはこれをアメリカ独立革命をドラマで描くようなものだと例え、「(革命で)どこかの農場に閉じ込められた5人が大規模な政治運動のことも知らずに田舎でイギリス軍と戦っているようなものだ」と表現した。彼はまた、オリジナル・トリロジー帝国元老院の解散を言及だけで済ませたことにも注目した。

制作チームは多くのヴィジュアルをラルフ・マクウォーリー(オリジナル・トリロジーでほとんどのコンセプトアートを担当)のデザインに基づくことで『クローン・ウォーズ』との差別化を図った。『反乱者たち』はジョージ・ルーカスによるStar Wars: Underworldのアイデアから影響を受けており、作中のアクションは『インディ・ジョーンズ』シリーズの影響が強い。制作初期段階では、ディズニーはルーカスフィルムが作ろうとしていたものよりもコメディ色の強い作品を求めていた。キャスリーン・ケネディと『反乱者たち』制作チームは彼らを説得しなければならなかった。

制作

Rebels-concept1 lg

ラルフ・マッカリーにインスパイアされた、TIEファイター�に追われるスターシップ<ゴースト>のコンセプトアート

『クローン・ウォーズ』の制作にも携わったルーカスフィルムのベテラン彫刻家ダレン・マーシャルは、2013年6月に会社を離れる以前に登場キャラクターの造形に携わった。2013年12月までには制作チームはシーズン1の設計を終わらせ、半分ほどのシーズン1の脚本が完成、声の録音は初めの5つのエピソードで完了していたが、多くののアニメーション、ライティング、サウンド・デザインが制作途中だった。これらは2013年5月にエグゼクティブ・プロデューサーに就任したグレッグ・ワイズマンの元で行われた。

脚注

外部リンク

スター・ウォーズ 反乱者たち
短篇:1 · 2 · 3 · 4
シーズン1
1-2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15
シーズン2
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン3
1–2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12–13 · 14 · 15 · 16 · 17 · 18 · 19 · 20 · 21–22
シーズン4
帝国の奉仕者
銀河系の端 · 反乱者の潜入 · 帝国の正義 · 秘密のアカデミー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki