FANDOM


SWResistanceLogo

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは映画『スター・ウォーズ レジスタンス』のネタバレ情報を含みます。

類似した名称の記事はレジスタンス(曖昧さ回避)を参照
「戦術より直感で飛べ! 新世代スター・ウォーズ」
―キャッチコピー[出典]

スター・ウォーズ レジスタンス』(原題:Star Wars Resistance)は2018年10月7日にアメリカ ディズニーXDで放送開始したTVアニメ・シリーズである。原案はデイヴ・フィローニ。製作総指揮はアテナ・イヴェット・ポルティージョジャスティン・リッジブランドン・アウマン。本作がスター・ウォーズ初参加の声優陣に加え、オスカー・アイザックグェンドリン・クリスティーがそれぞれポー・ダメロンキャプテンファズマ役で出演。日本では2018年12月9日より放送開始。

本シリーズは映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』より以前のできごとを描く。主人公の新キャラクター、カズーダ・ジオノレイア・オーガナ将軍率いるレジスタンスの一員であり、ファースト・オーダーのスパイ任務を任される。

公式による作品紹介

希望の大空を駆け抜ける―。若きパイロットが自分を信じて極秘ミッションに挑む、新世代スター・ウォーズが登場。

ハイスピードレースの長い歴史を持つスター・ウォーズ。そのワクワクする世界観を“空のレースと空中戦”に投影した、スター・ウォーズの正史であり新世代となるTVシリーズが登場!

物語の舞台は、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より前の時代。銀河帝国の残党から生まれたファースト・オーダーが勢力を拡大する中、未知なる可能性をポー・ダメロンに見出された若きパイロットのカズBB-8とともにファースト・オーダーの脅威をスパイする。今、新たなる伝説が大空へとはばたく![1]

動画

脚注

外部リンク