Fandom

Wookieepedia

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ

< スター・ウォーズ エピソード8

9,031このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
最後のジェダイ.jpg

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のネタバレ情報を含みます。

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(Star Wars: Episode VIII)は、スター・ウォーズ・サーガ映画の第8作で、シークエル・トリロジーの第2弾である。前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と同様、エピソード番号を取り除いた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』というタイトルでマーケティングが展開されている。監督・脚本はライアン・ジョンソン、制作はキャスリーン・ケネディラム・バーグマン。ストーリーは『フォースの覚醒』の直後から始まり、前作からの主演であるマーク・ハミルキャリー・フィッシャーアダム・ドライバーデイジー・リドリージョン・ボイエガオスカー・アイザックルピタ・ニョンゴドーナル・グリーソンアンソニー・ダニエルズグェンドリン・クリスティーに加え、新たにベニチオ・デル・トロローラ・ダーンケリー・マリー・トランの出演が発表されている。

展開

背景

TheLastJediPoster.jpg

ティーザー・ポスター

2012年11月ローレンス・カスダン(『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の脚本家)とサイモン・キンバーグが『エピソード8』および『エピソード9』の脚本責任者となり、両者がキャスリーン・ケネディと共に新3部作シークエル・トリロジー全作の共同制作者となるだろう、という非公式の報道がなされた。しかし2013年2月ウォルト・ディズニー・カンパニーはカスダンとキンバーグが担当するのはエピソード映画ではなくスピンオフ映画の脚本だと発表した。

2014年6月20日ライアン・ジョンソン監督の広報担当者は、ジョンソンが『エピソード8』の脚本・監督を担当することを正式に認めた。ジョンソンは『エピソード9』のストーリー・トリートメント(物語の概略)も書く予定である。ジョンソンとタッグを組むことが多いラム・バーグマンもまた、キャスリーン・ケネディとともにプロデューサーとしてプロジェクトに参加することとなった。『エピソード8』の製作準備のため、ジョンソンと製作スタッフは『戦場にかける橋』や『ガンガ・ディン』、『サハラ戦車隊』、『三匹の侍』、『頭上の敵機』、『送られなかった手紙』などのクラシック映画を選んでスクリーニングを行った。脚本執筆中、ジョンソンは『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督と会い、当時まだ未完成だった『フォースの覚醒』の下見用フィルムや編集作業を見せてもらった。エイブラムスと親しいグレッグ・グランバーグによると、エイブラムスは自分が監督しなかったのを残念に思うほどジョンソンの脚本に感銘を受けたという。また、ジョン・ボイエガも今作の脚本は『フォースの覚醒』よりも暗い内容だと発言している。

2014年8月7日、『エピソード7』の主役を演じる女優のデイジー・リドリーが引き続き『エピソード8』と『9』にも同じ役で出演すると報じられた。同年10月16日インダストリアル・ライト&マジック社のロンドン新施設の開設時に、同社社長のリンウェン・ブレナンは、『エピソード8』をロンドンで撮影する予定だと正式に認めた。2015年3月12日、ディズニーのボブ・アイガー社長は本作を『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』初公開から40年と1日後となる2017年5月26日にリリースするとアナウンスしたが、最終的に公開日は12月15日に先延ばしとなった。

制作

2015年の9月、アイルランドの本島から少し離れた場所に浮かぶ小島スケリッグ・マイケル(2014年に『フォースの覚醒』の撮影にも利用された)にて、最初の予備的な撮影が行われた。このシーンはIMAXカメラを用いて撮影された。作業を追えて撤収したとき、クルーは島への行き来で利用したフェリー・サービスに1万ユーロを寄付している。公式な制作は2016年の2月にイギリスで開始し、『スペース・ベア』(Space Bear)というワーキング・タイトル(製作中の仮称)が名づけられた。3月の9日~16日まではクロアチアドゥブロヴニクで制作が行われ、アイルランドに戻った後、コーク州での作業に12週間が費やされた。ウェブサイト「Polygon」のインタビューで撮影セットのセキュリティについて尋ねられたマーク・ハミルは、「俳優はその日の朝に各自の台本を渡され、歩いてるうちに取り上げられてしまう。外に漏れる前にシュレッダーにかけられるんだ。セットにはセキュリティラインが引かれていて、行くのにも帰るのにもそこを通らなくちゃならない。あと言うまでもないけど、ドローンから衣装を隠すために、こんなに大きな修道士のフードを着なければいけないんだよ」と答えている。2016年6月時点で撮影は“最終追い込み”に入り、7月22日に『エピソード8』の主要撮影が完了した。ジョンソンは8月15日に編集作業を開始している。レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーは2016年12月27日に死去したが、彼女はこの時点で既に本作分の撮影を終えていた。のちにボブ・アイガーは、フィッシャーの死によって撮影済みのストーリーが変更されたり、彼女のキャラクターがデジタルに置き換えられたりすることはないと発言した。

デザイン

動画

クレジット

キャスト

クルー

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他

外部リンク


スター・ウォーズ サーガ
エピソード
I:ファントム・メナス · II:クローンの攻撃 · III:シスの復讐
IV:新たなる希望 · V:帝国の逆襲 · VI:ジェダイの帰還
VII:フォースの覚醒 · VIII:最後のジェダイ · IX
アンソロジー・シリーズ
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki