FANDOM


スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の小説版1977年12月に米Ballantine Books社から発売された。邦訳は角川文庫竹書房講談社等から出版されている。著者はジョージ・ルーカスとなっているが、ゴーストライターのアラン・ディーン・フォスターによる著作である。『ルーク・スカイウォーカーの冒険より』と副題の付いた1978年1月発行のものが最も古い。初期の米国版は16ページのセンターカラー写真ページが設けられていたが、角川文庫版では独自の編集による23ページの写真が随所に挿入され、1983年再版分から4ページの巻頭カラー写真ページが追加された。現在一般的に出回っているものは、講談社から2015年に発売された文庫版である。

出版社による作品紹介

角川文庫

遠い未来、別の銀河系――。

帝国の圧政に耐えかね、少数の共和主義者たちが立ちあがった。リーダーは若く美しい娘、レーア・オーガナ姫。姫は重大な任務を帯びて惑星タトウインへと向かったが、帝国の悪の象徴、ダース・ヴェーダー率いる巨大宇宙艦に捕らえられてしまった……。

ルーク・スカイウォーカーはタトウインに住む平凡な若者だった。だがオーガナ姫の宇宙船を脱出した二体のロボットとの出会いが運命を変えた。やがてルークは不思議な老人に導かれ、広大無辺の銀河を決戦場とする、善と悪の壮絶な戦いに加わることになるのだった――全世界を興奮させた超大作SF映画の原作!

竹書房

遠い昔、はるか銀河の彼方で……

邪悪なる銀河帝国の圧政に耐えかね、立ち上がった旧共和国の人々は反乱同盟軍と呼ばれていた。その若きリーダーの一人、プリンセス・レイアは銀河の自由を取り戻すべく、帝国軍の最終兵器の機密を携え、専用の銀河巡航艇で一路故郷オルデランへと向かっていた。しかし、帝国軍の追撃から逃げきれず、ついに彼女は悪の化身ダース・ヴェイダーに捕らえられてしまった。一方、彼女がメッセージを託したR2・D2とC・3POの2体のドロイドは、奇跡的にも辺境の惑星タトゥイーンに住むルーク・スカイウォーカーと出会う。これを境にルークは銀河規模の戦いに巻き込まれるのだった――。

全世界を熱狂させた映画第1作の原作小説が新訳版で復活!!

講談社

伝説はここから始まった――。

遠い昔、ジェダイ騎士団が滅びて久しい時代。 平和だった銀河系は皇帝パルパティーン率いる銀河帝国の圧政下におかれ、人々は苦難の日々を送っていた。ある時、帝国に抵抗する少数勢力・反乱同盟軍の放ったスパイが、帝国の最終兵器宇宙要塞デス・スターの設計図を盗み出すことに成功する。奪還を命じられたダース・ベイダー卿は、反乱軍の指導者レイア姫の載った宇宙船を襲う。レイアは捕えられる直前に設計図と救援メッセージをドロイドに託す。 惑星タトゥイーンに降り立ったドロイド、R2-D2とC-3POは、名もなき青年ルークと出会う。運命に導かれるように――。[1]

カバー

脚注

外部リンク

スター・ウォーズ映画小説版
プリクエル・トリロジー
エピソード1/ファントム・メナス · エピソード2/クローンの攻撃 · エピソード3/シスの復讐
オリジナル・トリロジー
エピソード4/新たなる希望 · エピソード5/帝国の逆襲 · エピソード6/ジェダイの帰還
シークエル・トリロジー
スター・ウォーズ フォースの覚醒
その他
クローン・ウォーズ · ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。