FANDOM


「私たちは、これらのスピンオフ作品をアンソロジー作品と呼ぶことに、とても興奮しています」
キリ・ハート[出典]

スター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ(Star Wars Anthology Series)は、ルーカスフィルムを買収したウォルト・ディズニー・カンパニーによって進められているスター・ウォーズ・スピンオフ映画プロジェクトのバナータイトルである。2016年12月公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を皮切りに3作品公開予定。2015年4月19日に開催されたセレブレーション・アナハイムで初めてアナウンスされた。

作品

展開

2013年ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のルーカスフィルムスター・ウォーズのメインストーリーとは別の劇場用映画をいくつか製作する、と報じられた。このスピンオフ作品の脚本は、ローレンス・カスダンサイモン・キンバーグが1本ずつ担当する。さらに2014年に、最初のスピンオフ作品はギャレス・エドワーズが監督する『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』プロジェクトであると発表された。2015年4月19日に開催された「セレブレーション・アナハイム」で初めて、このスピンオフ作品群の名称が「スター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ」であることが発表された。

ジョシュ・トランクは2014年にアンソロジー作品の監督契約を結んだが、翌年には別の作品に集中することを理由に降板している。

2015年7月7日、ローレンス・カスダン脚本のアンソロジー作品の公開日が2018年5月25日であることが分かった。監督はクリストファー・ミラーフィル・ロードで、カスダンの息子のジョン・カスダンが脚本に参加する。これは若き日のハン・ソロを描いた作品となる。

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。
スター・ウォーズ サーガ
エピソード
I:ファントム・メナス · II:クローンの攻撃 · III:シスの復讐
IV:新たなる希望 · V:帝国の逆襲 · VI:ジェダイの帰還
VII:フォースの覚醒 · VIII:最後のジェダイ · IX
アンソロジー・シリーズ
ローグ・ワン · ソロ
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。