FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
Starfighters-SWE

各種スターファイター

「バトル・ステーションは強力なシールドに守られ、火力も宇宙艦隊の半分を上回る。だがその防御システムは大規模攻撃を想定して設計されたものだ。小型の一人乗り戦闘機なら外部の防衛を突破できる」
デス・スター攻撃作戦を説明するジャン・ドドンナ将軍[出典]

スターファイター(Starfighter)、戦闘機(Fighter)とは宇宙空間や大気圏内での戦闘を目的に設計された、小型で操作性の高い戦闘用宇宙船の総称である。インターセプターボマードロイド・スターファイター、大気圏内専用機など、さまざまな種類が存在した。また一部のスターファイターはガンシップシャトル軽貨物船輸送船、訓練機などの役割を兼ねることもあった。

歴史

クローン戦争期

クローン戦争中、ジェダイデルタ7イーサスプライト級軽インターセプターデルタ7Bイーサスプライト級軽インターセプター、遅れて導入されたイータ2アクティス級軽インターセプターといった戦闘機を使用した。また、共和国グランド・アーミークローン・トルーパー攻撃型偵察機170スターファイタークローンZ-95ヘッドハンターを支給されていた。分離主義勢力ヴァルチャー・ドロイドトライ=ファイターハイエナ・ボマーといったドロイド・スターファイターを使用していたが、アサージ・ヴェントレスといった指揮官たちのためにファンブレード・スターファイターも製造された。

マンダロリアンコムルク級ファイター/トランスポート(ガントレット・ファイター)を使用した。

帝国時代

銀河帝国TIE/ln宇宙特化型スターファイターTIE/INインターセプターを使用していた。銀河内戦中、共和国再建のための同盟RZ-1 Aウイング・インターセプターA/SF-01 Bウイング・スターファイターT-65B Xウイング・スターファイター、クローン戦争当時から使用されていたYウイング・スターファイター帝国軍との戦いに投入した。

エンドアの戦い以降

エンドアの戦いからおよそ30後、レジスタンス軍ではT-70 Xウイング・ファイターが使用されていた。また、ファースト・オーダーは旧銀河帝国のTIEファイターをアップグレードしたTIE/fo宇宙特化型戦闘機や、特殊部隊用のTIE/sf宇宙特化型戦闘機を使用していた。

主な登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。