FANDOM


「一刻を争います。わたしたちが戦って守ろうとしてきたものが、危機に瀕しているの。理論を待っているわけにはいきません。なんでもいいから、何かが必要です。だからわたしたちは反撃するのです!」
レイア・オーガナ将軍[出典]

スターキラー基地の戦い(Battle of Starkiller Base)は34 ABYに発生したファースト・オーダーレジスタンスの戦闘である。レジスタンスのスターファイター部隊がファースト・オーダーの超兵器スターキラー基地に奇襲を仕掛け、破壊に成功した。スターキラー基地の襲撃(Assault on Starkiller Base)やスターキラー基地への攻撃(Attack on Starkiller Base)とも呼ばれる。

この戦いが起きる直前、ファースト・オーダーは完成したばかりのスターキラー基地を使い新共和国首都ホズニアン・プライムを擁するホズニアン星系破壊した。レジスタンスは即座に偵察部隊を派遣してスターキラー基地のデータを手に入れたが、ファースト・オーダーもレジスタンス基地イリーニウム星系惑星ディカーにあることをほぼ同時に突き止めていた。レジスタンスはディカーが攻撃を受ける前に超兵器を破壊すべく、元ストームトルーパーフィンが提供した基地の内部情報を頼りに奇襲作戦を立案する。フィンと密輸業者ハン・ソロチューバッカらの乗る<ミレニアム・ファルコン>は偏向シールドのリフレッシュ・レートの間隙を突いてスターキラー基地の大気圏内に直接ジャンプし、施設内への侵入を果たした。彼らはキャプテンファズマを脅してシールドを解除させ、カイロ・レンによって基地に連れ去られていたゴミ漁りレイを救出する。

ポー・ダメロン中佐率いるT-70 Xウイング・ファイター部隊はシールドが消えるとすぐに攻撃を開始し、超兵器の弱点であるサーマル・オシレーターの破壊を試みた。一方、ソロたちはオシレーターの外殻を破るため施設に爆弾を仕掛けた。その際ソロは実の息子であるカイロ・レンに殺されてしまう。爆弾はチューバッカによって起爆され、ダメロンの<ブラック・ワン>は爆発で生じた突破口から施設内部に飛び込み、オシレーターを内側から攻撃した。膨大なパワーを制御できなくなったスターキラー基地は連鎖反応で崩れ始め、レジスタンスの生存者たちは撤退を開始する。そんな中、フィンとレイは森林でレンと遭遇し、ライトセーバーの対決を繰り広げた。フィンは敗北して重傷を負ったが、レイは自らに眠るフォース感応能力に気づき、このダークサイドの戦士を撃退する。間もなくスターキラー基地は爆発して新星となり、レジスタンスの戦闘機部隊と<ミレニアム・ファルコン>は無事にディカーへ帰還した。

登場作品

参考資料

ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
銀河系のタイムライン

前:冷戦

次:

ファースト・オーダー=レジスタンス戦争の戦い
34 ABY スターキラー基地 · ディカー · カント・バイトの任務
関連記事
ファースト・オーダー · レン騎士団 · レジスタンス
  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。