FANDOM


「マスター・クワイ=ガン!化け物です!」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

スコーリーホーク[1](Squollyhawlk)は、惑星アロルアに生息していた生き物。

特徴

細長い体を持つスコーリーホークは、ふたつの大きな牙を使って狩りを行った。スコーリーホークは森に生息しており、巨大な体、大きな赤い目をしていた。目の上、頭部には、顔のようなものがついており、それに誘われてスコーリーホークに近づく者もいた。スコーリーホークは牙がないと狩りができたいため、もしそれをなくすと、そのまま飢え死にしてしまう。

歴史

銀河共和国の後期、惑星アロルアをマスターであるクワイ=ガン・ジンとともに訪れていたジェダイパダワンオビ=ワン・ケノービは、森の中でスコーリーホークと遭遇した。ライトセーバーを持っていなかったオビ=ワンはクワイ=ガンのもとへと走って行ったが、スコーリーホークが木にぶつかって牙を折ってしまったため、運よく難を逃れた。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は『生と死、そしてフォース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki