FANDOM


「愛しいシンダ、これでおまえを救うことができる……」
―スケリーの最期の言葉[出典]

スケリー(Skelly)は人間男性で、帝国時代衛星シンダで働いていた鉱山労働者。爆発物のエキスパートだったスケリーは、クローン戦争銀河共和国のために戦った。彼はスラグ・ピットの戦いで右手を失ったが、物資不足のためクラトゥイニアン用の義手を取り付けられた。彼は生活のためソリライド鉱で働くことになったが、爆発物の専門家として、シンダで不用意に爆弾を使うと、衛星そのものが吹っ飛ばされる危険があると警鐘を鳴らしていた。

ヤヴィンの戦いの11前、ソリライドの生産量を向上させるためシンダを訪れた銀河帝国デネトリアス・ヴィディアン伯爵は、スケリーのアイデアを逆に利用し、シンダを粉々にしてソリライドを集めようと考えた。スケリーはケイナン・ジャラスヘラ・シンドゥーラと協力してヴィディアン伯爵の計画を妨害した。スケリーは自らの命を犠牲にして<フォーリジャー>でヴィディアンを殺した。

参考資料

脚注

他言語版