FANDOM


「ブラザーフッド・オブ・ダークネスでは、あらゆる者が平等だ」
―スケア・カーン[出典]

スケア・カーン[1](Skere Kaan)は人間男性で、ブラザーフッド・オブ・ダークネスを創始したシスの暗黒卿である。彼はもともと、新シス戦争の後期にジェダイ・オーダーに仕えていたジェダイ・マスターだった。ダークサイドに転向し、新シス帝国に加わったカーンは、やがてダーク・ワン(Dark One)というニックネームを得た。カーンの率いるブラザーフッドでは平等主義が採用され、暗黒卿を名乗るシスが同時に複数名存在した。カーンは10に渡ってシスを支配したが、ジェダイとの戦いの中で仲間が減っていき、組織内に不和が生じるようになった。彼はルーサンの戦いソート・ボムを使い、ジェダイのアーミー・オブ・ライトを道連れにして自滅した。

参考資料

脚注

  1. セカンドネームの表記は『スター・ウォーズ シスの書 DXエディション』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。