FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

スカコアン[1](Skakoan)は、惑星スカコ出身の知覚種族である。

生態

惑星スカコの大気はとても濃密であり、スカコアンたちは巨大な圧迫の中で生きていくために進化していた。これはすなわち、スカコアンたちが普通の気圧、すなわちスカコより低い圧迫の環境の中におかれた場合、死んでしまうことを意味する。そのため、故郷スカコを離れる数少ないスカコアンたちは特殊な防護スーツを身に着けていた。スーツを着ていないスカコアンを見たことがある非スカコアンはとても少ないが、彼らは人間のような外見、ビーズのような眼、細い鼻の孔、唇はなく、青ざめた肌をしていると信じられていた。標準的なスカコアンは、90~110年の寿命を持っていた。

歴史

KulTeska-TCWRH

強化与圧服を着たスカコアンのサイボーグ、クル・テスカ

スカコアンは、彼らの企業テクノ・ユニオンを牛耳っていることを除いては、銀河系において比較的知られていない種族だった。彼らはスカコヴァーバル語を話し、発達した宗教を持っていた。彼らはまた、きわめて先進的と考えられていたマイクロ=エレクトロニクスに精通していたことで知られていた。

テクノ・ユニオンのフォアマンであるワット・タンバーはスカコアンだった。クローン戦争中、タンバーはテクノ・ユニオンに独立星系連合への援助を行わせた。彼らはドロイドスターシップ、兵器などを供給することで、戦争の手助けを行っていたのである。しかし、タンバーがムスタファーで死んだことで、スカコアンによるテクノ・ユニオン支配も終わることになった。

クローン戦争の後、独立星系連合を手助けしていたスカコアンたちは、ヒューマン・ハイ・カルチャー主義の銀河帝国によって迫害されることになってしまう。ほとんどのスカコアンは故郷に引き返すことになり、スカコはエンドアの戦い以後も独立していた。このため、多くの人々は、帝国の手による迫害の後、スカコアンがよそ者嫌いになったのだと考えるようになった。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki