FANDOM


SwoopRacing-TSS

スウープ・レース、ナームル・メモリアル・ラリー

スウープ・レーススウープ・レーシング(Swoop racing)は、スウープ・バイクを使ったスポーツ。乗り物のスピードは速600キロにも達することがあり、非常に危険なスポーツだった。

概要

スウープ・レースはギャラクティック・コアで大人気の合法スポーツだった。何万人という観客を収容することが可能な、スウープ・トラックと呼ばれる屋根付き巨大アリーナで開催された。アリーナには円形コースや障害物コース、多数の売店がそろっていた。観客だけでなく、スウープのパイロットも大きな賭けに挑んでいた。[1][2]

歴史

ジェダイ内戦の時代、腕を競い合うスウープ・レーサーたちは、同じコースを同時に走行することを好まなかった。レーサーは、障害物やスピードを増加させる「加速パッド」がちりばめられたコースを、それぞれ個別に走り、最も短時間でゴールしたものが勝者となったのだ。当時、スウープ・レース・サーキットは惑星タリスに集中し、ナー・シャッダオンダロンタトゥイーンテロスIVマーナンといった星々にもコースが存在した。タリスが破壊される前、レヴァンが改造型のスウープを使ってサーキットに参加し、勝利したことは有名である。

タトゥイーンなどの多くの惑星にはアマチュア・トラックがあった。タトゥイーンのアマチュア・レースの進行役はモッタ・ザ・ハットだった。このレースの勝利者には、後で売却することができる「レース債権」が与えられた。

ジェダイ内戦時に最盛期を迎えたスウープ・レースだが、プロ・アマチュアを問わず、いつの時代でも大人気スポーツであることに変わりはなかった。銀河帝国ポッドレースを禁止すると、スウープ・レースはその代替品として人気を再燃させた。ポッドレースよりもトラックが単純で、スピードが遅く死傷率が低かったスウープ・レースは、前者よりもより安全なスポーツだと考えられていたのだ。スウープ・レースはポッドレースほどの反射神経を必要としなかったため、人間も参加しやすかったことも人気の一因と考えられる。

デンガーは若い頃、プロのサーキットで成功を収め、コレリアン星系で各地でカルト的人気を持つスウープ・レースのヒーローになった。しかしデンガーは、個人サーキット出身のハン・ソロという名のレーサーと常に比較されることにうんざりし、アグリラットのクリスタル・スワンプでソロと一対一の試合に臨んだ。レース中、ソロの運転が原因でデンガーは沼に突っ込んでしまい、鋭くとがった水晶に貫かれた。その後、帝国によるサイバネティックスで一命を取り留めたデンガーは、帝国の暗殺者として奴隷のように使われながら、ソロへの復讐を求めた。

有名なスウープ・レーサー

Swoopracer psg

スウープ・レーサー

主なスウープ・チーム

主なレースとサーキット

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki