FANDOM


この記事は乗り物を扱っています。 あなたが探しているのはクローン兵の“スウープかもしれません。
TaggeCo-Air2-swoop negvv

エア2レーシング・スウープ

「こいつは音の壁を破らないように注意が必要だな」
ハン・ソロ[出典]

スウープ[1](Swoop)は、スウープ・バイク(Swoop bike)としても知られるリパルサーリフト・ビークルの一種。スピーダー・バイクとよく似た乗り物だが、しばしば“座席のついたエンジン”と称されるほど、シンプルでより高速だった。スウープとスピーダー・バイクの違いは、エアスピーダーランドスピーダーの違いと似ている。スウープは犯罪者に好んで使用され、中にはスウープ・ギャングと呼ばれる者たちもいた。銀河帝国ポッドレースを違法にした後、スウープ・レースがその代わりに楽しまれるようになった。

概要

高速性、操縦性に優れるスウープ・バイクは、ハンドルとサドルで全てを操作でき、風向整形板で機体を安定させ、方向転換した。[2]スピーダー・バイクでは全く追いつけないほどのスピードを出すことが出来たが、操縦はスピーダーよりもはるかに難しかった。スウープの基本は強力なイオン・エンジンリパルサー・エンジンで、座席と制御装置がそれに付随しているだけのシンプルな構造だった。通常は1人乗りで、パイロットは体重移動を使って効果的に操縦しなければならなかった。パイロットや補助席の人を守るのはシートベルト程度で、スピードを比較的落とした状態でも簡単に制御不能になってしまい、致命的なミスを犯したパイロットはあっという間に座席から放り出されることになった。軽量合金製のスウープの最高時速は600kmで、地上から数kmの高度まで上昇が可能だったが、基本的に低空飛行用に造られていた。高度な軍事偵察に用いられ、海賊や犯罪者にも好んで使用された。[3]

Nikto Swoop Gang Leader

ニクトスウープ・ギャング・リーダー

マンダロリアン戦争ジェダイ内戦以前、惑星タリスでは初期のスウープ・バイクが使用されていた。考古学者はスウープ・レースがタリスで始まったと推測していたが、惑星の地表がほぼ全面的に破壊されてしまったため、その証明は難しかった。当時タリスでビジネスを展開していたロサン・インダストリーズ社は、“スウープ・バイクの発祥地”と呼ばれていた。いずれにせよ、ジェダイ内戦当時のタリスはスウープ・レースの中心地で、惑星の破壊はサーキット場にも大打撃を与えた。しかしその後も、スウープ・レースはタトゥイーンマーナンテロスIVオンダロンオーヴォIV[4]グランダイン[4]バルモーラ[4] といった惑星や、衛星ナー・シャッダ[4] で楽しまれた。

クローン大戦中、共和国グランド・アーミーCK-6スウープを使っていた。このスウープはオルトー・プルトニアの戦いや、コームの戦いに投入された。

惑星ゾンジュVは一時期スウープに乗った傭兵たちに荒らされていた。14 ABY宇宙港労働者に合うため惑星を訪れたジェイデン・コアは、地元の傭兵ギャングの追跡を逃れて安全な場所を目指した。

スウープ・ギャングと呼ばれるスウープ乗りのギャング団は銀河系各地に存在した。シェシャーリル星系衛星シェシャーリル56都市は、複数のスウープ・ギャングによって占領されていた。また、ルーク・スカイウォーカータトゥイーンジャバのスウープ・ギャングと遭遇した。[3]

レース用スウープ・バイクの多くは、スピードをより速くするために重量を削っていた。これらのバイクは、衝撃に耐えるため偏向シールドも備えていた。しかし余りに速いスピードのために、多くのライダーが機体に振り切られ、障害物と衝突して命を落とした。

知られているスウープのモデル

SwoopClass negvv

スウープの種類

登場エピソード

参考資料

脚注