FANDOM


類似した名称の記事はジョーヴァン(曖昧さ回避)を参照

ジョーヴァン・ステーション[1](Jovan Station)はアウター・リム・テリトリージョーヴァン星系にあった宇宙ステーションである。

歴史

クローン大戦の時代、ジョーヴァン・ステーションはゴーディアン・リーチにおける銀河共和国の主要な宇宙ステーションで、惑星フィンダーからオーリル宙域へ向かう際の停泊地だった。また、ジョーヴァン星系における交易の重要地点でもあった。同時に8隻の大型貨物船またはスター・デストロイヤーをドッキングさせることができた。

ヤヴィンの戦いの後、銀河帝国アマイズ・グリフ提督は、ジョーヴァン・ステーションを拠点としてヤヴィン星系封鎖を行った。これは星系全体の交易に影響を及ぼした。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『暗黒の会合』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。