FANDOM


「きみは知的好奇心にあふれ、臨機応変に物事に対処できる人物だ」
ミスローニュルオド[出典]

ジョージ・カーダス[4](Jorj Car'das)は銀河共和国の後期、銀河帝国、そして新共和国の時代を生きたコレリア出身の人間の男性。その経歴の初期に、カーダスは密輸業者の宇宙船<バーゲン・ハンター>の乗組員となり、ハットの手先として仕事をしていた。27 BBY、カーダス、デュブラク・ケントマリス・フェラジはコマンダー・スローン率いるチス拡張領域防衛艦隊によって拿捕される。スローンは共和国の言語を密輸業者たちから学びたいと頼み、彼らは数週間クルスタイチスの基地に留まることになった。カーダスたちはスローンにベーシックを教え、その代わりにチスのチユーンを学ぶ。カーダスはスローンがヴァガーリを破るのを手助けし、共和国領へと戻っていった。

カーダスはチスとの騒動で知り合ったシスのエージェント、キンマン・ドリアナの仕事をこなすようになった。内容は密輸業も含み、裏でダース・シディアスのための情報網を築き上げ運営するというものだった。カーダスの組織は繁栄し、彼は莫大な情報保管庫を建てた。クローン大戦の後、カーダスはダーク・ジェダイによって誘拐されたが、ジェダイ・マスターヨーダによって救われた。ヨーダとの遭遇でカーダスは変わる。帝国の時代、健康状態が悪化し始めたカーダスはヨーダに助けを請い、フォースで癒してもらう。しかし、彼の2度目のヨーダの住居訪問の際、この老人は彼の治療を拒否し、代わりにエング=ティー・モンクのところへ行くよう告げる。カーダスは最終的に12年もの歳月をエング=ティーと過ごし、彼らのフォース観を学んだ。のちに惑星エクセクロンに落ち着いた彼は、19 ABYに密輸業者タロン・カードの接触を受ける。カードはカーマス・ドキュメントの完全なコピーを求めていたのである。しかしこの情報はカーダスも所有してはいなかった。だが、彼はスローンの偽物で帝国復興を目論むモフヴィリム・ディズラの情報を持っており、これでカードは危機に終止符を打つことが出来た。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 出典:外宇宙航行計画
  2. 2.0 2.1 2.2 出典:未来への展望
  3. 出典:Star Wars Galaxies
  4. カタカナ表記は『外宇宙航行計画』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki