FANDOM


この記事はジェダイを扱っています。 あなたが探しているのはジョルース・シボースかもしれません。
「われわれはジェダイだ。宇宙の究極的な力だ。思うとおりにするぞ。行く手をはばむ者は破壊する」
―ジョラス・シボース[出典]

ジョラス・シボース[1]Jorus C'baoth)は惑星ボートラス出身の人間男性で、銀河共和国の末期にジェダイ・オーダーに仕えたジェダイ・マスターフォースを使えない人々は自分たちより劣る存在だと考えていたシボースは、民衆を導くことこそジェダイの役割だと考えていた。アウトバウンド・フライト・プロジェクトと呼ばれる探検計画で未知領域に赴いた際、スローンの率いるチス拡張防衛軍と遭遇し、戦闘の末命を落とした。シボースのDNAダース・シディアスによって回収され、ジョルース・シボースという名のクローンが生み出された。ジョルースは、銀河帝国大提督になったスローンの軍事作戦で活躍する。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。