FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ジョバル・ネイベリー[2](Jobal Naberrie)はリョー・スールの娘で、ルウイー・ネイベリーの妻。ふたりの娘、ソーラ・ネイベリーパドメ・アミダラの母親。また、ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナ・ソロの祖母にあたる。

経歴

ジョバル・ネイベリーは惑星ナブーの小さな山村でルウイー・ネイベリーと結婚し、ふたりの娘を産んだ。ソーラパドメである。ジョバルとルウイーは娘たちにより高度な教育と、より豊かな人生を歩む機会を与えてやるために、小さな山村から首都のシードに移ることを決意する。

家庭面で、彼女は人を手厚くもてなす主婦だった。彼女はあらゆる客人に豪華な食事を振舞ったのである。クローン戦争前、彼女の家の客人になった人物のひとりにジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーがいる。彼は女王になったパドメを警護するためナブーを訪れたのである。

シードで、彼女は貧しい人々を救うさまざまな社会活動にボランティアで参加していた。彼女の生き様はその娘たちに強い思いやりと無欲の心をしみこませた。これはパドメの経歴からも明らかである。

クローン戦争終結直後、彼女は家族と数千人のナブー市民と共に、娘のパドメの葬儀に参列した。パドメはアナキンの行動がもとで命を落としたが、ジョバルやその家族は彼女がコルサントジェダイに殺されたと偽りの情報を知らされる。また、ジョバルの母親リョーは、19 BBYインクィジターマローラムによって殺害されている。

制作の舞台裏

クローンの攻撃』の撮影のとき、ジョバル・ネイベリーを演じたのはトリシャ・ノーブルである。しかし、『クローンの攻撃』でのジョバルの登場シーンは本編からカットされている。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 出典:The Official Star Wars Fact File 80
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー完全保存版』に基づく。

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki