FANDOM


ジョイナーの王は『Dark Nest I: The Joiner King』の邦訳小説ダーク・ネスト3部作の1作目。トロイ・デニング著。富永和子訳。上巻、下巻ともに、2006年9月ソニー・マガジンズから発売された。ユージャン・ヴォング戦争の終結を描いたニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズ最終作、『統合』の5年後の銀河系を舞台にしている。昆虫種族キリックと、銀河同盟ニュー・ジェダイ・オーダーチス・アセンダンシーの間の紛争と緊張、ダーク・ネスト危機を描く。

原書

原書『Dark Nest I: The Joiner King』は、2005年7月26日デル・レイから発売された。カバー・アートを手がけているのはクリフ・ニールセン。また、オーディオCDも発売された。

出版社によるあらすじ

上巻背表紙

ユージャン・ヴォングとの戦いが終結してから約5年、銀河の人々は真の平和が訪れたことをやっと実感できるようになっていた。そんななか、ジェイセンやジェイナ、若きジェダイ・ナイトたちはフォースを通して助けを求める声を聞いた。まもなくジェダイ・テンプルに、未知領域でチスと謎の種族との間に戦いが起きたという報が届く。なんと、突然行方をくらましたジェイナたちが謎の種族に加担して戦っているというのだ。

<ダーク・ネスト>3部作第1弾。

下巻背表紙

謎の昆虫種族はオルデランの先住民キリックの末裔なのか。ジェイナたちはキリックの群れ(ネスト)の一員となって、まるで洗脳されたように同じ考えと感覚、太古の記憶まで共有していた。チスとキリックの全面戦争を防ぐため再び未知領域に向かう直前、ルークとレイアは、R2の古いメモリーに残されていたある映像を目にする。そこには若き日のオビ=ワン・ケノービとパドメの会話が記録されていた。半世紀以上を経て、封印された過去が明らかになる―――。

誤植と誤表記

登場人物・用語

登場人物 クリーチャー ドロイド 出来事 場所
組織 種族 乗物 テクノロジー その他

主な登場人物

その他の登場人物

クリーチャー

ドロイド

カバー

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki