FANDOM


ジュテペタン[1](J't'p'tan)はクアノッチ星団の中心部にあった、ほとんど自然のままの惑星。単にドアニック628-E[2](Doornik-628E)としても知られていた。リシの紛争を逃れてきたハキグが入植していた。惑星の名前は、4つの神聖なシンボルの名称、内在するもの“Jeh”、超越するもの“Teh”、永遠“Peh”、意識の本質“Tan”から名づけられていた。

これらのシンボルのうち最後の単語は、非宗教的なものだと考えられていた。長きにわたり、ハキグの司祭たちは、崇拝の対象となる無限の精神の聖堂をつくるために、石を形作っては移動させてきた。銀河帝国が弱体化していた時代、フォース=センシティブのグループ、ファラナッシが惑星ルカゼックから逃れてジュテペタンへとやってきた。イェヴェサが他の種族の虐殺、“大粛清”を始めたとき、ファラナッシは神秘的な力でジュテペタンの聖堂がすでに破壊されているという幻影を作り出し、イェヴェサに殺すものは誰も居ないと思わせ、ハキグとその聖堂を保護した。新共和国がイェヴェサを破ると、ファラナッシはジュテペタンを去り、二度と戻ってくることはなかった。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は週刊スター・ウォーズ ファクトファイル: 第7号に基づく。
  2. カタカナ表記は『暴君の試練』に基づく。
J't'p'tan landscape

ジュテペタンの無限の精神の聖堂周辺の風景