FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「では出撃だ。フォースの共にあらんことを」
―ジャン・ドドンナ[出典]

ジャン・ドドンナ(Jan Dodonna)は惑星コメナー出身の軍人、戦術家である。クローン戦争の時代、ドドンナは銀河共和国宇宙軍将校としてヴェネター級スター・デストロイヤーに乗り込んでいた。戦争終結に伴って銀河帝国が設立された後も、ドドンナは再編された宇宙軍に仕え、帝国最初のスター・デストロイヤー艦長のひとりになった。しかし彼はやがて新国家に幻滅し、ベイル・オーガナ元老院議員によって密かに組織された初期の反乱軍に加わった。ドドンナはマサッシ・グループと呼ばれる反乱分子を指揮し、アウター・リム・テリトリー衛星ヤヴィン4ベース・ワンに拠点を置いていた。

2 BBYモン・モスマによって“共和国再建のための同盟”が組織された直後、ドドンナはコマンダージュン・サトー率いるフェニックス戦隊と協力して大規模な軍事作戦を計画した。惑星ロザルにあるTIEディフェンダー製造工場を破壊すべく、ドドンナはチョッパー基地のある惑星アトロンでフェニックス戦隊と合流する。しかし、彼らの計画に感づいた帝国のスローン大提督アトロン星系を封鎖し、同盟軍掃討に向けた奇襲を開始した。ドドンナはこの戦いで旗艦ネビュロンBフリゲートヴァンガード>を失い、アトロンの地上に逃げのびる。すぐに帝国地上軍によるチョッパー基地への直接攻撃が始まったが、同盟軍はレン氏族マンダロリアン戦士たちの助けを借りて封鎖を破り、アトロンから脱出した。

0 BBY、同盟軍がスカリフの戦いで最初の大勝利を挙げた後、ドドンナはプリンセスレイア・オーガナがベース・ワンに持ち帰ったデス・スター設計図を分析し、科学者ゲイレン・アーソによって巧妙に仕組まれた構造上の弱点を発見する。間もなくデス・スターヤヴィン星系に姿を現すと、同盟軍はドドンナの立てた作戦に従い超兵器に戦いを挑んだ。ヤヴィンの戦いでは大勢の反乱軍パイロットが犠牲になったが、レッド中隊の隊員ルーク・スカイウォーカーがデス・スターの弱点である排熱孔プロトン魚雷を命中させ、この超兵器を粉々にした。スカイウォーカーらの活躍を称える式典が行われた後、同盟軍はすぐにベース・ワンからの撤退を開始し、ドドンナ将軍は次の拠点の候補地探しに尽力した。

経歴

宇宙軍将校

人間男性、ジャン・ドドンナはコロニー領域の惑星コメナーに生まれた。銀河共和国独立星系連合クローン戦争を繰り広げた時代、ドドンナは共和国宇宙軍に所属し、ブリッジ将校としてヴェネター級スター・デストロイヤーに乗り込んでいた。

クローン戦争終結時、共和国はシーヴ・パルパティーン最高議長によって銀河帝国へと再編される。ドドンナは帝国宇宙軍の所属となり、傑出した活躍を認められて帝国で最初のスター・デストロイヤー艦長のひとりとなった。しかし、彼はやがて帝国に愛想を尽かし、成長中の初期反乱軍へと離反した。

初期の反乱運動

反乱分子の指導者

初期反乱軍は帝国元老院のメンバーであるオルデランベイル・オーガナ議員や、シャンドリラモン・モスマ議員たちによって密かに組織され、複数の反乱分子の緩やかなネットワークとして活動を展開していた。ドドンナは将軍として反乱軍に仕え、5 BBYの時点で独自の反乱分子を指揮していた。この年、ドドンナの部下のサバットリーヴァン・テンザが命令違反を起こして勝手に帝国の標的と交戦する事件を起こした。テンザは仲間に拘束されて軍法会議にかけられることになったが、彼は自らの行動を釈明する代わりに、過激派反乱分子として知られるソウ・ゲレラパルチザンへ離反した。

Jan Dodonna Secret Cargo

モスマのスピーチを聞くオーガナ議員とドドンナ

ドドンナ将軍の反乱分子はアウター・リム・テリトリー衛星ヤヴィン4にあるグレート・テンプル(ベース・ワン)を拠点としており、かつてこの月に住んでいたマサッシ種族にちなんで“マサッシ・グループ”と呼ばれていた。2 BBYフェニックス戦隊に所属するスペクターズ反乱分子が惑星ヤルマの廃棄物処理場レクレム・ステーション襲撃し、5機のBTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーを獲得した。その後、これらのYウイングはドドンナの部隊に回され、最終的にジョン・“ダッチ”・ヴァンダー隊長率いるゴールド中隊の戦力に加えられた。

モスマ議員がゴーマンの虐殺を公然と批判したため帝国からの亡命を余儀なくされたとき、ドドンナの部隊は彼女の逃亡を手助けするためゴールド中隊派遣した。ゴールド中隊はスペクターズの宇宙船ゴースト>と協力してモスマを惑星ダントゥインへ送り届けた。その後、モスマはダントゥインの軌道上の<ゴースト>から反乱を呼びかけるスピーチを行う。ドドンナ将軍はホロネットを介して各地へ発信されたモスマのメッセージを、オーガナ議員や反乱軍兵士たちと一緒に視聴した。このできごとにより、反乱ネットワークは“共和国再建のための同盟”(反乱同盟)として生まれ変わった。

アトロンの戦い

DodonnaRebels

アトロン上空にて、ドドンナ将軍

2 BBY、誕生から間もない反乱同盟軍は、アウター・リムの惑星ロザルにある帝国軍兵器工場施設の破壊作戦を計画した。ロザルの工場では、TIEラインの新型戦闘機TIEディフェンダーが製造されていた。ドドンナ将軍は旗艦EF76ネビュロンBエスコート・フリゲートヴァンガード>以下、複数の軍艦スターファイター部隊からなる艦隊を率いて惑星アトロンへ赴き、コマンダージュン・サトーのフェニックス戦隊と合流する。アトロンのチョッパー基地ではフェニックスとスペクターズがロザル攻略に向けた調整を進めていた。惑星軌道クルーザー=キャリアーフェニックス・ネスト>から通信が入り、サトーから歓迎の言葉を受け取ったドドンナは、ついに帝国に大規模攻勢を仕掛ける日が来たことを喜ばしく思うと答えた。[7]

チョッパー基地で作戦会議が行われたとき、ドドンナとサトー、ロザル・レジスタンスライダー・アザディホログラムで話し合いに加わった。会議の途中、暗号名“フルクラム”こと、帝国内部の協力者エージェントアレクサンドル・カラスから新しいメッセージが届く。メッセージは一言だけで途切れていたが、チョッパー基地の場所が帝国に知られたことを仄めかす内容だった。スペクターズのリーダー、ヘラ・シンドゥーラが全艦船に戦闘態勢をとらせた直後、インペリアル級スター・デストロイヤー艦隊アトロン星系に出現する。基地では緊急撤退警報コードK-1-0が発令され、ドドンナは指揮下のネビュロンBの1隻を手遅れにならないうちに集結地点ノヴァに脱出させようとした。しかしこのフリゲートインターディクター・クルーザー重力井戸発生装置によってハイパースペースから引き戻され、スター・デストロイヤーの集中砲火を浴びて破壊されてしまう。[7]

Dodanna Vanguard

<ヴァンガード>から退避するドドンナ

フリゲートの破壊とほぼ同時に、スローン大提督インペリアルI級艦<キメラ>も戦場に姿を現した。チスの大提督は反乱分子の指導者たちにメッセージを送り、反乱運動をこの日限りで撲滅すると宣言した。同盟軍は通信妨害と重力井戸発生装置によって袋のネズミとなったが、ドドンナたちは連絡船を1隻でも星系外へ脱出させることで、他の場所にいる味方に助けを呼ぼうと考えた。ドドンナとサトーはYウイング中隊を出撃させ、スローンの第7艦隊と交戦したが、同盟軍の軍艦は次々と破壊されていった。このままでは勝てないと判断したコマンダー・サトーは、自艦<フェニックス・ネスト>をカシウス・コンスタンチン提督インターディクタークルーザーに激突させ、自らを犠牲にして重力フィールドを解除した。[7]

サトーの犠牲により、ジェダイパダワンエズラ・ブリッジャーが操縦するガントレット・ファイターナイトブラザー>がアトロンからの脱出に成功した。しかし、<ヴァンガード>は深刻な損傷を負って航行不能となり、ドドンナはブリッジのクルーを脱出させた。彼は最後に旗艦のブリッジから退避し、脱出ポッドに乗ってアトロンの地表に降りる。その後、同盟軍はエズラが連れてくる援軍を期待してチョッパー基地に立てこもり、持久戦を開始した。最終的に帝国地上軍は防衛線を突破して基地内にまで侵攻したが、アトロンに住む中立的なフォース感応者ベンドゥ”が引き起こした天変地異と、エズラが呼んできたレン氏族マンダロリアン戦士の手助けによって脱出のチャンスが生まれた。ドドンナたちは無事に星系からジャンプしたが、アトロンの戦いは同盟軍の手痛い敗北に終わる。[7]

銀河内戦

「それは君個人の見解に過ぎない」
ジン・アーソの発言に対し、ジャン・ドドンナ[出典]
DodonnaRogueOne

スカリフの戦い当時のドドンナ

0 BBY当時、ジャン・ドドンナは反乱同盟軍の主要拠点となったグレート・テンプルの指揮官を務めていた。[2] また、ドドンナは同盟軍最高司令部の一員でもあった。この年、同盟軍の司令官たちはベース・ワンに集まり、帝国の新型超兵器デス・スターに関する情報収集ミッションを指揮した。フラクチャー作戦の後、デス・スターの設計に携わった科学者ゲイレン・アーソがもたらした情報によって、この超兵器には致命的な構造上の弱点が隠されていることが明らかになる。弱点を知るには惑星スカリフ帝国安全管理施設に保管されているデス・スター設計図を手に入れる必要があったが、同盟市民政府は帝国に大規模な戦いを挑むことに及び腰だった。ゲイレンの娘、ジン・アーソが同盟軍の指導者たちを前に戦いの必要性を訴えかけたとき、ドドンナはモスマやオーガナ議員とともに彼女の話を聞いた。結局市民政府は戦いを回避する道を選んだが、ジン・アーソ、キャシアン・アンドー率いるローグ・ワン分隊が独断でベース・ワンから出撃し、スカリフに潜入した。ラダス提督の艦隊も現地に駆けつけた結果、この任務はスカリフの戦いに発展し、同盟軍は多大な犠牲を払いながらも設計図の奪取に成功した。[8]

ヤヴィンの戦い

「バトル・ステーションは強力なシールドに守られ、火力も宇宙艦隊の半分を上回る。だがその防御システムは大規模攻撃を想定して設計されたものだ。小型の一人乗り戦闘機なら外部の防衛を突破できる」
デス・スター攻撃作戦を説明するドドンナ[出典]
Massassi Station Opcenter

基地で戦闘経過を見守るドドンナ

ローグ・ワン分隊がスカリフのシタデル・タワーから発信したデス・スター設計図のデータはラダス提督のMC75スター・クルーザープロファンディティ>によって受信され、オルデランのプリンセスレイア・オーガナに手渡しされた。[5] レイアのCR90コルベットタンティヴIV>はタトゥイーンの上空でシス卿ダース・ヴェイダー拿捕されたが、設計図はドロイドR2-D2C-3POによって隠遁中のジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービに届けられる。その後、ケノービ、水分農夫ルーク・スカイウォーカー密輸業者ハン・ソロチューバッカらの活躍により、レイアはデス・スターから救出され設計図とともにヤヴィン4に戻ってきた。[4]

ドドンナはデス・スター設計図を解析し、ゲイレン・アーソが仕組んだバトル・ステーションの弱点を突き止めた。[4][5] デス・スターの子午線トレンチにある排熱孔は中央部の主要反応炉とつながっており、ここにプロトン魚雷を撃ちこめば連鎖反応によってステーション全体を一度に爆破することが可能だったのである。ドドンナはゴールド中隊やレッド中隊反乱軍パイロットを集めてブリーフィングを行い、小型戦闘機を使えばデス・スターの防衛網を突破することは不可能ではないと説明した。パイロットたちが戦闘機に乗り込み、ヤヴィン星系に現れたデス・スターを破壊するため基地から出撃した後、ドドンナとレイアは司令センターで戦闘の経過を見守った。ヤヴィンの戦いでは出撃したパイロットの大半が戦死したが、レッド中隊の一員として参加したルーク・スカイウォーカーがドドンナの作戦を成功に導き、バトル・ステーションを粉々に吹っ飛ばした。[4]

ヤヴィン以降

「総員、指示に従い撤収に全力を尽くすように。一部の人員は拠点候補地の探索にあたれ。反乱同盟の存亡は諸君ら各員の活躍に懸かっている。持ち場につけ。フォースと共にあらん事を」
―ジャン・ドドンナ[出典]
Dodonna Leia

撤退先の候補地を検討するドドンナ

ヤヴィンの戦いが反乱軍の勝利に終わった後、ドドンナ将軍は秘密基地で開かれた祝勝の式典に出席した。式典が終わった際、ドドンナ将軍は基地の場所が帝国に知られたため、ヤヴィン4からの撤退を開始すると宣言した。ドドンナはすぐに新しい作戦本部の候補地選定に取り掛かり、インスクダクサン・ベータを選択肢から除外した。プリンセス・レイアは、基地候補地の偵察任務を手助けしたいとドドンナに申し出た。彼はレイアの申し出を拒否し、帝国が彼女の首に10,000,000クレジットもの賞金を懸けていることを伝えた。また、ドドンナは帝国軍が報復のためにオルデラニアンの生存者を探しているらしいという噂を報告し、充分な護衛無しにヤヴィン星系を離れないよう言い渡した。

しかし、ドドンナの意見は聞き入れられなかった。プリンセスは同郷出身のパイロット、エヴァーン・ヴァーレーンドロイドR2-D2を伴い、T-1シャトルに乗ってジャングルの月から出発してしまった。オーガナはホログラムのメッセージを残していたが、ドドンナ将軍は彼女を連れ戻すためにスカイウォーカーとウェッジ・アンティリーズを派遣した。しかし、彼らの乗るT-65B Xウイング・スターファイターはプリンセスの乗るシャトルを取り逃がしてしまった。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。