FANDOM


ジャワ・トレーダーズ[1](Jawa Traders)はタトゥイーンモス・アイズリーにあったドロイドの販売や修理を行っていた店。ハーベスター・ドロイドや、スターシップや乗り物のメンテナンス・ドロイドを特に販売していた。ジャワ・トレーダーズは、すぐ付近にあるコミュニティーのジャンクパイルと呼ばれる場所に、廃物となった小型部品類を捨てていた。

店の宇宙港における収入源は、密輸業者やその他のいかがわしい顧客たちだった。この店の所有者はジャワアクイレイが所有していたが、のちにスクイブメイスミリアン=ウィンデュアーテに賃貸しされた。短い間、ジャワ・トレーダーズは会計ドロイドCZ-3を所有していた。

登場作品

  • SWAJsmall "Spare Parts"―Star Wars Adventure Journal 11

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ テクニカル・ジャーナル』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki