FANDOM


「共和国を信頼しなくてはなりません。民主主義を信じることをやめれば、それを失うことになります」
―ジャミーラ女王[出典]

ジャミーラ(Jamillia)は人間女性で、分離主義危機の時代に惑星ナブー統治した女王パドメ・アミダラの後を継いで女王になり、クローン戦争中に任期を追えて退位し、ニーユートニーと交代した。

経歴

人間種族のジャミーラはミッド・リム惑星ナブーで生まれ育った。前任者のパドメ・アミダラ女王が2回の任期を務め終えて退位した後(ナブー人は憲法を変えてまで彼女を女王の座に引き留めようとした)、ジャミーラが後継者としてナブーの君主になった。しかし、アミダラはジャミーラから強い説得を受け、ナブーの人々のために元老院議員の役目を引き受けることになった。分離主義危機の時代、アミダラは銀河元老院でナブーの代表者を務めた。

ナブーの侵略の10後、軍隊創設法案の投票日にコルサントへ赴いたアミダラは独立星系連合に雇われた賞金稼ぎに命を狙われ、シーヴ・パルパティーン最高議長ジェダイ最高評議会の意向に従い、安全のため故郷ナブーに戻ることになった。アミダラが帰郷した際、ジャミーラ女王はシオ・ビブルたちと共にシード宮殿で前女王と対面した。彼女たちは差し迫った分離主義運動の脅威について話し合い、ジャミーラは共和国の民主主義を信頼すべきだと発言した。しかし間もなく共和国と連合の間にクローン戦争が勃発し、彼女たちの不安が的中することになった。

戦争中、ジャミーラは任期を務め終えて退位し、新たにニーユートニーが即位した。

個性と特徴

ジャミーラは人間の女性で、身長は1.57メートルだった。彼女の目や髪のは濃い茶色だった。女王の職務のあいだ、ジャミーラは顔全体を白く塗り、頬に小さな赤い点を入れ、赤い口紅を付けていた。彼女は民主主義の熱心な支持者で、前任者のアミダラ議員を強く信頼していた。ナブーの人々のために元老院議員になるようアミダラを説得したのもジャミーラだった。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。