FANDOM


ジャネック・サンバー[1](Janek Sunber)はタトゥイーン出身の人間男性であり、ルーク・スカイウォーカーの少年時代の友人である。

彼は大きな体をしていたため、タンク[1](Tank)のニックネームで呼ばれていた。水分農場で成長し、空に目を向けたサンバーは、銀河帝国パイロットになろうと志願する。しかし彼のテストの得点は不十分であり、代わりに帝国地上軍に入隊することになった。熱心で勤勉な士官候補生だった彼は、卒業するとすぐに中尉になった。サンバーが最初に戦いに参加したマリダンでは、彼の中隊はアマニンの軍によって攻撃された。戦いの中で、サンバーは自分の労働観や速い思考力、勇敢さや戦術的適性を、ジーリング将軍の前に証明した。サンバーは攻囲された帝国キャンプを守る戦略を考案し、ジーリング将軍は戦死する間際に、サンバーのことを賞賛し、彼を指揮官の階級へと昇進させた。サンバーはキャンプの防衛軍を勝利に導いたが、彼の部下となっていた嫉妬深い前任者のキャプテン・ゲイジは、戦いの後サンバーの昇進の立証を拒否した。

中尉としての経歴を続け、やがてサンバーは惑星ジャビームロイヤリストの残党を掃討する役目を割り当てられた。彼らは奴隷としてカリストVIへと連れて行かれたが、そこでサンバーに問題が起こった。サンバーは別の中尉が奴隷を強姦しようとしたのを止めたため、自分のキャリアを危険にさらしてしまったのだ。しかし、反乱軍による基地攻撃が起こり、彼は罰を免れた。反乱軍のひとりに、旧友のスカイウォーカーがいた。サンバーは彼と立ち向かい、まだ銀河帝国が銀河内戦の正しい側だと信じていたため、彼の反乱軍への勧誘を拒否した。スカイウォーカーはサンバーに怪我をさたままで去っていく。

サンバーは、ビッグズ・ダークライターと同様、スカイウォーカーまでも敵側の加わったことに苦しめられた。サンバーは自分が間違った道を選んだかも知れないという可能性に対処できず、結局、自分が旧友を止めなければならなかったのだと結論を出す。彼は自ら進んでダース・ヴェイダーにスカイウォーカーの知識を教え、ヴェイダーは彼に、この反乱軍の英雄を捕らえるよう命令した。彼はスカイウォーカーに、帝国を去りたいと述べたメッセージを送り、スカイウォーカーは彼を同盟軍艦隊へと連れて行った。サンバーはそこで若きジェダイを倒そうとし、ふたりは戦った。宇宙船がヴェイダーの艦隊の攻撃でダメージを受けたとき、サンバーはスカイウォーカーをなすがままにしていたが、この幼馴染を殺すことができなかった。穴の端にぶらさがり、レイア・オーガナを手で掴んだ状態になった。サンバーはぶら下がる力を失う前に、レイアをルークに手渡し、この反乱軍の指導者を救ったのだった。

経歴

生い立ち

Youngtank

タトゥイーンにおける、若き日のサンバー

ジャネック・サンバーは惑星タトゥイーンの、奴隷の孫として生まれ、アンカーヘッド水分農場で育った。ハットが支配するタトゥイーンにおいて、彼はベーシックに加えてハット語も学んだ。彼は自分と歳の近いアンカーヘッドの若者たちのグループとともに過ごしていた。少年たちの中でもっとも大きかった彼は、“タンク”というニックネームを得て、この名でよく知られるようになる。彼は楽しさを求める、いたずら好きの規則破りだと考えられていた。彼と彼の良き友人、ビッグズ・ダークライターレイズ・“フィクサー”・ロネオズナーは少年たちの中でも年長であり、ウィンディ・スターキラーやサンバーの良い友達だったルーク・スカイウォーカーは数歳年下だった。ミドルティーン時代、この年齢差はスカイウォーカーが運転できないところでランドスピーダーを運転するというような差を作り出すことになり、彼はほとんどの時間を年長の友人たちと過ごし、トシ・ステーションで暇つぶしするためランドスピーダーでアンカーヘッドまでレースしたりしていた。年齢を重ねていくうち、彼は再びスカイウォーカーと親密な関係になる。サンバーは父親のブラスター・ライフルを“借り”、スカイウォーカーやダークライターとともにウォンプ・ラットを狩りいくようなこともあった。

成長したサンバーは熟練したパイロットになり、友人たちとともに頻繁にベガーズ・キャニオンを飛行していた。彼はこの技術を、魅力的で颯爽とした存在に見えた帝国パイロットとして活かすことを望んだ。ダークライターやスカイウォーカーもまた、帝国のパイロットになる計画をしており、サンバーは彼らが成功し、3人で軍に使えることを確信していた。しかし、プレフスベルトIV宇宙軍学校入学を申し込んだとき、彼はパイロットになるために十分なテスト結果を残せなかった。

敗北を認めるよりはむしろ、サンバーは帝国地上軍へ進む道を選ぶ。1 BBY、彼はタトゥイーンを去り、カリダアカデミーでトレーニングをはじめた。彼の戦術的技術や特別な性能は、彼を将校訓練の環境へと移動させる。1年のうちに、彼は中尉になった。訓練は彼の性急さをなくし、彼に抑制の価値を見出させた。地上軍大尉として、彼は歩兵という非魅力的な人生よりも、簡単に進めると信じていた道を歩む友人を羨んだが、彼は自分のベストを尽くし、より高い地位に上り詰めようと硬く決心した。

マリダンへ

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 カタカナ表記は『ルーク・スカイウォーカー伝』による。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki