FANDOM


「コマンド・チームにようこそ、大佐」
ジャグド・フェルに対し、ジャッダー・ペイジ[出典]

ジャッダー・ペイジ[3](Judder Page)は惑星コルラグ出身の人間男性で、銀河帝国反乱同盟新共和国銀河同盟といった様々な政府に仕え、人生を通してコマンド・チームの兵士として活躍した。彼はどんな群衆にでも溶け込むことが出来る、これといった特徴のない男で、その特技を多くの隠密任務で活かしていた。帝国元老院議員の裕福な家庭に生まれたペイジは、帝国アカデミーに入学する前の若いころに、自ら様々な戦闘技術の訓練を積んだ。優れた成績でアカデミーを卒業したペイジは、短い間帝国地上軍に仕えたが、帝国に対する愛着は全く持っていなかった。ペイジは反乱軍の指導者、レイア・オーガナ銀河市民権評議会に対して行った熱烈なスピーチに感化され、すぐさま反乱軍へと離脱する。反乱軍兵士として、ペイジはホスエンドア地上戦で初期のキャリアを積んだ。エンドアの戦いの後、カターン・コマンドの指揮権を与えられたペイジは、部下たちを不規則的で独立したチームとして訓練し、自由に任務を遂行する特権を手に入れた。

新共和国の初期、ペイジと彼が率いる特務部隊は多くの破壊工作や救出任務を成功させた。8 ABY、彼らは帝国の軍将モフケントー・サーン要塞惑星であるカルシェボール攻撃した。ペイジ率いる特務部隊がプラネタリー・シールドをダウンさせた後、新共和国の機動部隊はカルシェボールの制圧に成功する。モフ・サーンは、新型の兵器テクノロジーを手に逃げ去った。この帝国の軍将が銀河系の深刻な脅威になる前に叩くため、ペイジはケイソル宙域各地で追跡作戦を計画立案した。ペイジ自身は攻撃部隊には加わらなかったが、サーンは敗北し、その脅威にも終止符が打たれた。カターン・コマンドはエリート特務部隊として新共和国に仕え続け、惑星ヘツクサラーウィー、帝国のモー研究所などで任務を遂行した。

25 ABY外銀河からやって来たユージャン・ヴォングが銀河系の侵略を開始すると、ペイジは銀河同盟(新共和国の後継政府)において宇宙軍への配属を受け入れた。彼は<メモリー・オブ・アイソア>に乗艦したが、このクルーザーは敵に破壊され、乗組員たちは囚人としてセルヴァリスに送られた。ペイジとパッシュ・クラッケン少佐は、捕虜収容キャンプでリンのエージェントから重要な情報を受け取り、それを銀河同盟最高司令部に知らせるために収容者の脱出計画を実行した。この情報は、ペイジとクラッケン、その他20人の囚人を救出する助けにもなった。救出後、ペイジはすぐにカルーラへと赴き、ユージャン・ヴォングの戦争調整者を倒す任務に参加した。それから間もなく、彼はカターン・コマンドを率いて敵に支配された新共和国首都コルサントへと潜入する。ジェダイのチームと共に、彼らはユージャン・ヴォングの最高大君主シムラシタデルへと突入した。彼らはこの要塞を確保し、ジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカーがシムラを倒したことで、侵略戦争は終結した。

経歴

銀河内戦

帝国からの離反

人間男性、ジャッダー・ペイジは、23 ABY惑星コルラグで生まれた。彼が4のとき、銀河共和国最高議長パルパティーンは、銀河系を支配する政府を銀河帝国へと再編成した。これに伴い、千世代以上に渡って共和国を守り、平和の守護者を務めてきたフォース信奉者の組織、ジェダイ・オーダーのメンバーは、大多数が抹殺されてしまった。ペイジの父親はパルパティーンのニュー・オーダーの支配下で裕福な元老院議員になり、その息子は恵まれた幼年期を送った。ペイジはジェダイ・ナイトの物語を耳にして育ち、この伝説的組織に心酔するようになった。彼は、ジェダイが体現した特性を何ひとつ持たない父親を軽蔑した。ペイジもフォース=センシティブではなかったが、英雄たちの足跡を辿ることを誓い、裕福な家庭に生まれたことを利用して様々な戦闘技術の訓練を行った。コア・ワールドの他の帝国議員の家庭に生まれた子どもたちは太った怠け者へと成長したが、ペイジは自らの技術を磨いていった。彼は戦闘技術が何の役に立つのか自信がなかったが、活発に活動しているだけで満足感を得ていた。息子の若々しい理想主義もやがては消え失せるだろうと考えたペイジの父親は、息子の努力を支持した。

JudderPage-SWR

若き理想主義者だったペイジは、帝国から反乱軍へと離反した

数年後、ペイジの父親は戦闘訓練を活用させるため、息子を帝国アカデミーへと送った。ペイジは帝国のために貢献したいという願望を持っていなかったが、著名な帝国元老院議員の息子のために幅広い勉学の道が用意されていることをすぐに悟り、帝国の最高の教師たちから惑星戦闘の理論を学んだ。ペイジはインストラクターたちを軽蔑したが、彼らの教育を受け入れ、将校になるための訓練を受けた。優れた成績でアカデミーを卒業したペイジは、帝国地上軍に配属され、マクシミリアン・ヴィアーズ将軍の地上攻撃部隊に仕えた。この頃、銀河系の首都惑星コルサントで休暇を取っていたペイジは、オルデランの元老院議員、レイア・オーガナのスピーチを耳にした。この若い女性が美しく情熱的であることに気づき、ペイジは彼女が銀河市民権評議会に対して行ったスピーチに聞き入った。ペイジが聞いたことがあった帝国議員のスピーチは、ほとんどが甘ったるく調子の良いものばかりだったが、オーガナのそれは全く違っていた。オーガナは奴隷制度人間至上主義に関する帝国の立場に就いて反対意見を述べ、共和国再建のための同盟(この頃銀河系の各地で動き始めていた反乱運動)についていくつかさりげない言及を行った。スピーチに隠された意味を理解したペイジは、反乱同盟こそ自分の人生をかけるべき夢だと考えた。

ペイジは帝国から離反する機会を掴むと、すぐさま反乱同盟に加わった。誕生から日が浅く、まだいくらかみすぼらしかった反乱同盟には、特殊部隊や特務部隊が存在しなかった。しかしクリックス・メイディン(ペイジと同じく、帝国からの離反者だった)が、エリート・コマンド部隊は同盟軍が帝国との戦争に勝つ可能性を向上させると主張し、同盟軍最高司令部の仲間たちを説得した。帝国ではそうしたコマンド部隊を率いていたメイディンは、同盟軍にも同様の部隊をいくつか作るために尽力した。ペイジは、ブレン・ダーリン少佐が率いる新しい同盟軍特殊部隊に加わった。彼らには、の惑星ホスに設置された同盟軍エコー基地を防衛する役目を与えられる。3 ABY、ダーリンは基地の保安主任に任命され、ホス星系の反乱軍を率いるカーリスト・ライカン将軍の作戦下に入った。ライカンはエコー基地の秘密を帝国から守ろうとしていたが、帝国のプローブ・ドロイドがホスに到着したことで、基地の存在は敵の知るところとなった。エコー基地は、ペイジのかつての指揮官、ヴィアーズ将軍率いる地上部隊AT-ATAT-STウォーカーによって構成された)の攻撃にさらされた。ルーク・スカイウォーカー中佐スノースピーダーローグ中隊を率い、帝国のウォーカー兵器と戦う間、ダーリンが兵士の大隊を指揮した。ペイジもこの戦闘に参加し、反乱軍は味方をホスから脱出させるのに十分な時間を稼いだ。ペイジもエコー基地から脱出した。

ソロの攻撃チーム

ペイジはそれから1年間同盟軍艦隊に配置され、4 ABYまでに中尉に昇格していた。彼は偵察兵として、エイレン・クラッケン大佐と頻繁に行動を共にした。同盟軍艦隊サラストに終結した際、ペイジも現地にいた。艦隊の組織はまだ不確かで、ホスでの敗北以来、同盟軍は混乱していた。しかし犯罪王ジャバ・ザ・ハットに捕らわれていたハン・ソロ船長が、親しい友人たちによって救出されて星系に到着すると、艦隊は必要とされる士気を取り戻した。反乱同盟の最高司令官モン・モスマは、間もなく反乱軍の指揮官たちを作戦会議に招集した。モン・カラマリ・スター・クルーザーホーム・ワン>艦上において、ペイジも会合に出席する。モスマはここで、エンドア森の月軌道で建造中の巨大バトル・ステーション第2デス・スターを攻撃することを発表した。将軍に昇格したソロは、森の月に乗り込むために攻撃チームを集め、エコー基地に配置されていた兵士たちを舞台に加えた。エコー基地の兵士の忠実さと献身的姿勢を目にしていたソロは、彼らの能力と臨機応変さに気づいていたのである。彼は惑星に降下した後の部隊指揮官にダーリンを指名した。部隊加入を希望したペイジも、ダーリンのコマンド部隊に加入する。彼らの任務は、艦隊がデス・スターへの攻撃を始められるよう、エンドアの月に設置された偏向シールド発生装置を破壊することだった。

ダーリンの推薦に従い、ペイジは同盟軍最高司令部がデス・スターの位置情報を手に入れた際に大きな活躍を果たした反乱軍工作員のグループを、攻撃チームへと引き入れた。

Glumpage

エンドアの戦いの前に、ペイジは<ホーム・ワン>の作戦会議に出席した

ハン・ソロが操縦する、帝国から盗んだラムダ級T-4aシャトルタイディリアム>に乗り、攻撃チームはエンドア星系へと赴いた。ソロは帝国艦隊に盗んだコードを送信し、供給品を森の月に届けるという名目で着陸に成功した。エンドアに降りた後、彼らは周辺の偵察を開始したが、帝国のスカウト・トルーパーが反乱軍の存在を察知した。レイア・オーガナはトルーパーを追跡し、ソロとスカイウォーカー、ソロの副操縦士チューバッカ、そしてドロイドC-3POR2-D2も他のコマンド隊員と別れて彼女の後を追った。0300シールド発生装置バンカーで落ち合うという作戦に従い、ペイジと攻撃チームは森の月を進み、帝国のパトロール兵を何度かかわした。彼らは浅い峡谷に、夜を過ごすためのキャンプを作った。パトロールを行う敵のAT-STが現れると、攻撃チームは散開して姿を隠したが、ダーリン少佐は発見されるのは時間の問題だと考えた。攻撃チームのメンバーであるダンスラ・ビーザー伍長グリーヴ中尉は、手分けしてウォーカーの通信を妨害し、スナイパー・ライフルでスポットライトを破壊した。攻撃チームはAT-STを取り囲み、そのバランスを崩そうとした。しかし敵パイロットはでたらめに発砲をはじめ、新米兵のデレヴァー伍長はウォーカーのコックピット発煙筒を投げ込んだ。

パイロットたちはウォーカーから脱出し、降伏した。攻撃チームは、ふたりにコムリンクで通常通りの報告を上司に行うよう強制した。翌朝、チームは森の月の原住民イウォークと手を結んだソロと再会した。ブライト・ツリー村のイウォーク部族は、コマンド部隊にシールド発生装置のバック・ドアまでの道のりを教えた。帝国のストームトルーパー、スカウト・トルーパー、AT-STウォーカーの大軍が彼らを待ち伏せしたが、イウォークも帝国軍への攻撃を行った。ペイジも自身のコマンド兵の分遣隊を率い、混乱の中で彼らを展開した。イウォークは反乱軍が戦いの流れを変える援助をし、コマンド兵士たちはバンカーに爆弾をセットし、シールド発生装置を破壊することに成功した。デス・スターの偏向シールドがダウンすると、反乱軍艦隊はステーション内部へと侵入し、そのパワー・コアを破壊し、連鎖反応を引き起こす。デス・スターは滅び、銀河皇帝パルパティーンと帝国艦隊最高司令官であるダース・ヴェイダーもこの戦いで死んだ。反乱軍は、帝国に大きな一撃を与えた。

デス・スターが破壊された後も、その後も数時間にわたり宇宙戦は続いた。ダーリンは進軍する敵の地上兵を監督する間、コマンド全体の指揮権を一時的にペイジに譲った。ペイジが軌道でのトラブルを知ると、ソロとチューバッカは<タイディリアム>を使って艦隊に手を貸しに行くことを望んだ。通信妨害のために最高司令部と連絡を取ることが出来ず、3人はペイジのコマンドを伴ってシャトルに乗り、宇宙での戦闘に加わった。ここでソロは、インペリアルII級スター・デストロイヤーアキューザー>を拿捕する作戦を立てる。彼はエンドアに着陸したときと同じ帝国のコードを使い、<アキューザー>の艦長に連絡を取って破壊されたデス・スターから脱出してきた味方を装った。<アキューザー>のクルーは、トラクター・ビームを使って<タイディリアム>を艦に受け入れた。ソロは帝国の将軍の軍服を着こみ、コマンド・チームはエンドアで破った歩兵から手に入れたストームトルーパー・アーマーを装着する。ペイジたちは軍艦ブリッジにいたクルーを全員確保し、ソロは艦長を気絶させた。その後、彼らは艦の船体異常アラームを作動させ、他のクルーを全て宇宙船から退去させた。同盟軍はこのインペリアル・スター・デストロイヤーを制御し、最終的に他の帝国艦隊も星系から撤退していった。その晩、同盟軍のメンバーはブライト・ツリー村で勝利を祝い、間もなくペイジとソロは<アキューザー>を拿捕したことについてモン・モスマとギアル・アクバー提督から証言を求められた。

部隊指揮官

ホーン: 「いまさらという気がしないでもないが、もしかしたら今後の参考になるかもしれない。きみも来ないか?」
ペイジ: 「<モダラン>に乗っていた仲間はおれの目の前で死んでいったんだ」
ホーン: 「よし、行こう。あまり期待はできないが、うまくゆけばブラックムーンの帝国野郎にお返しができるかもしれない」
―第二次ボーレイアスの戦いの計画を始めるコラン・ホーンとペイジ[出典]

エンドアの戦いの後、ダーリンは昇格を受け入れ、コマンド部隊の指揮権をペイジに譲った。部隊を受け取ったペイジだが、政治ゲームに関わることを望まなかったため、自身の昇格は拒否した。ダーリンの指揮下で、部隊は同盟軍最高司令部の保護下に入っていたが、ペイジは部隊を12名の兵士から成る独立したグループに変え、反乱軍の後継政府である新共和国の理想ために、どんな任務でも引き受けた。彼らはしばしば実地任務へと姿を消し、何間、あるいは何かにわたり、新共和国に報告を行わないまま秘密任務を遂行した。新しいコマンド部隊は、隠密に活動する惑星キャッシークの捕食動物、カターンにちなみ、カターン・コマンドと名付けられた。しかし評判が高まるにつれ、部隊は単に“ペイジ・コマンド”として知られるようになっていった。

誕生してから間もない新共和国の最高司令部は、惑星バシリスクを帝国軍の制御下から解放するため、シールド発生装置を破壊する任務にカターン・コマンドを送り出した。コマンド兵たちは発生装置を破壊したが、任務の達成目標を終えても活動を続け、帯電フィールド・ネットをハンガーの出撃用シュートに設置することで、敵のTIEファイターを地上に釘付けにした。その後、部隊は帝国総督ニストラの重武装された空中要塞に押し入り、彼に降伏を迫った。新共和国のギャレット将軍が侵略軍を率いて惑星に着陸すると、一発の銃弾も発射することなく首都は制圧された。その後、部隊と同じ名前の新共和国の工作員、カイル・カターンが短い間ペイジたちの仲間になった。カイル・カターンは、キャッシークやボウドレイズガロスIVの帝国の軍将に対する秘密任務で部隊に手助けをした。

Ahelpinghand

シウトリックIVで負傷した味方の退避を援助するペイジ

5 ABY、帝国のリーダーシップはぐらついていた。かつて大宰相だったセイト・ペスタージュがパルパティーンの死後1年間統治を行ったが、帝国情報部イセイン・アイサード長官に権力を狙われ、ペスタージュはコルサントからシウトリックIVへと逃亡する。ペスタージュは事前にオーガナ・ソロと交渉をしており、新共和国は彼を救出して亡命させるためにスターファイター中隊キャップ・デンドコマンド・チーム・ワンをシウトリックIVに派遣した。ペイジもデンドのコマンド部隊に加わり、惑星の地上都市へと潜入してターゲットを回収した。しかし帝国のインターディクター・スター・デストロイヤーバインダー>の妨害によって、彼らは惑星を離れハイパースペースに突入することが出来なくなった。ローグ中隊がシウトリックIV地上でペスタージュやコマンド部隊と合流し、惑星の森でキャンプを張った。その翌日、新共和国の増援が到着し、<バインダー>の重力井戸発生装置を無効化した。ペイジはストームトルーパーとの銃撃戦で負傷したコマンド兵士をシャトルに避難させるため、デンドを援護した。ペスタージュは結局惑星に残ることを選んだが、新共和国の軍隊は脱出した。

同じく5 ABY、コルサント軍司令部は帝国のAT-ATを民間企業のために使う方法を模索していた元同盟軍将軍、ランド・カルリジアンを支援するため、カターン・コマンドを惑星ヴォーンティヴォーンティ・シティへと派遣した。ペイジはチーム・メンバー数名と共に惑星に到着し、カルリジアンと会って計画を立てた。このとき、ブラッキークラヴェルというふたりの泥棒が、スパイス商人の一団が行う予定のスパイス取引を中断させ、密輸品を奪うため、廃品置き場に格納されているAT-ATを使おうと企んだ。泥棒はAT-ATをジャックするためにペイジ・コマンドを待ち伏せし、ペイジとカルリジアンはウォーカーが廃品置き場を離れ、取引場所に向かう様子を倉庫の後ろから目撃した。泥棒たちはスパイス商人にAT-ATの火器を使って発砲したが、スパイスを回収するために地上に降りた時、ペイジのチームが物陰から現れて彼らを気絶させた。コマンドの任務が完了し、このAT-ATがニクロンの採鉱プロジェクトに必要とされる40機のうちのひとつであることをカルリジアンから聞かされた後、ペイジもAT-ATを確保しようとする部下の手助けに向かった。

6 ABYの中ごろ、首都コルサントの制圧を最終目標に定め、ローグ中隊はコアに向けての新共和国の攻撃を導いた。コロニーの惑星ボーレイアスが首都を脅かすための格好の拠点とされ、ラリン・クレフェイ提督はこの星の帝国軍基地を占領する作戦を考案した。彼は、基地を宇宙から爆撃し、アサルト・シャトルでコマンド兵を着陸させたいと考えていた。ペイジはノキヴゾールの新共和国基地でクレフェイに接触し、作戦を三週間先延ばしすることを提案した。そうすれば、コマンド部隊を送り込む際に流星雨を利用し、基地のイオン砲を封じることが出来たのである。しかし出来る限り早く攻撃を行いたいクレフェイは、彼の提案を却下した。攻撃は進められたが、攻撃目標は“ブラックムーン”と呼ばれ、実際に攻撃する対象を通知されていたのはごく少数の者だけだった。この侵攻中、ペイジとコマンド部隊はアサルト・シャトルデヴォニアン>に乗り込んだ。新共和国軍が帝国基地のシールドを突破した後、基地を指揮していた帝国軍将校、エヴィール・デリコート将軍は、秘密のTIEインターセプター中隊をいくつか発進させ、バックアップに用意していたシールドを突然起動させた。新共和国は多大な損失を被り、<デヴォニアン>はローグ中隊のコラン・ホーンオーリル・クリッグの活躍でインターセプターから救われた。新共和国艦隊はハイパースペースへに脱出し、ノキヴゾールに戻った。

その後、ペイジはノキヴゾール基地レクリエーション・センターでホーンを見つけて自己紹介し、このパイロットにラムを一杯をおごった。ふたりは作戦の失敗について議論し、ペイジは、クレフェイがコルサント攻略の指揮官の座を狙って作戦を急ぎ過ぎたのではないかという意見を口にした。そのとき、ローグ中隊専属のM-3POがホーンに連絡を入れた。M-3POは、ホーンのアストロメク・ドロイドであるホイッスラーが、ブラックムーンの風速を計算し終えたことを報告した。攻撃目標だった惑星についてより多くのことを知りたいと思っていたペイジとホーンは、この情報を調査し、ブラックムーンがボーレイアスであることを知った。ボーレイアスに関する更なる情報収集によって、オルデラン・バイオテックス社の施設がそこにあることが判明した。ペイジとホーンは、デリコートがこの施設をシールド補強の出力に使っているのではないかと推理した。この情報はローグ・リーダーのウェッジ・アンティリーズ中佐やホートン・ソーム将軍にも知らされ、彼らは4人でボーレイアスへの2度目の攻撃を計画した。数週間後、新共和国艦隊はボーレイアスに戻り、ローグ中隊は帝国基地にエネルギーを供給するパイプを破壊した。これによってペイジとコマンド部隊は着陸に成功し、トンネルから基地に潜り込んだ。作戦は成功し、新共和国はボーレイアスを陥落させた。

ボーレイアスを手に入れた新共和国は、コルサントを奪回する計画を本格的に展開していった。7 ABY暫定評議会はローグ中隊が刑務所惑星ケッセルで犯罪者を数名解放する許可を出した。囚人たちはコルサント・アンダーワールドに送り込まれ、そこで混乱を引き起こすことになっていた。ケッセルの防衛力を全て無力化するため、ローグ中隊はケッセルの衛星にある放棄された帝国軍基地に接近飛行し、ペイジとコマンド兵が月に降りて基地を占拠できるようにした。その後、ローグ中隊はケッセルの着陸ゾーンを一掃し、コマンド部隊もゾーンの中心にある小さな丘の周囲に防衛線を確保する。ローグ中隊隊員が何名か着陸した後、接近してくるランドスピーダーに気づいたペイジは、隊員がこの乗り物を調べる間にドライバーに話しかけた。乗っていたのはカサーマイダ・フォージで、アンティリーズはこの夫妻に自分たちの任務について話した。その後、複数の囚人がコルサントに連れて行かれ、ローグ中隊もコルサントの下層に潜り込んだ。彼らはこの要塞惑星プラネタリー・シールドを遮断し、新共和国は首都を制圧した。

モフ・サーンとの戦い

コルサント征服から1年後、新共和国は、孤立したケイソル宙域を支配する帝国の軍将、モフケントー・サーンが、新しい形態の兵器テクノロジーを手に入れたことを知った。脅威が本格化する前に手を打つため、新共和国はサーンの首都惑星カルシェボールに対し、即座に攻撃を行うことにした。惑星はエネルギー・シールドによって起動攻撃から保護されており、地上には対襲撃用兵器が並んでいた。新共和国はシールドを徐々に削るのではなく、カターン・コマンドを派遣して直接それをダウンさせることに決めた。攻撃の3日前、パスファインダーライラ・デイドが惑星に潜入し、攻撃当日には商用船を装ったグトロック・インダストリーズ社クラス720貨物船にペイジと他5名のコマンド兵士が乗り込んだ。新共和国機動部隊が混乱を引き起こしたすきに、ペイジたちの貨物船帝国政府施設へと道を切り開いた。彼らはアトガーディフェンス・タワーに砲撃されたが、貨物船は施設周辺のフェンスを突破し、建物に辿り着いた。貨物船を操縦していたシラ・トースは、帝国の兵士が調査のためにやって来た時、船を爆発させた。チームは、ライラ・デイドが雇ったクラールという名のデフェルに迎えられた。クラールは彼らをデイドに引き合わせ、デイドは装甲トンネルへの入り口を仲間に教えた。ペイジは、トンネルを進むよう部下に命じた。

Ambition blasts off

モフ・サーンのクルーザー<アンビション>を攻撃するペイジ・コマンド

トンネルの先にあるコントロール・ルームには帝国軍将校が5人座っていたが、ペイジたちは迅速にここを制圧した。コマンド兵士のケレマン・シーロは、コントロール・パネルにアクセスし、エネルギー・シールドの制御室が施設の中ほどにあることを突き止めた。また、そこにある格納庫にはモフ・サーンが緊急脱出用に用意していたキャラック級軽クルーザーが収容されていることも判った。ペイジは格納庫かクルーザーのどちらかにシールドの解除装置があると考え、シーロとトース、ヴァンドロたちを連れてハンガーへと進んだ。また、全ての捕虜を自由にするために、彼はデイドとクラール、コマンド兵士のケイヤ・アドリメトラムゴットゥを施設の監房区画へと送った。格納庫に向かう途中、ペイジの部隊はサーンとストームトルーパー警備兵と遭遇し、銃撃戦を行った。2名のストームトルーパーが倒れたが、サーンは先進兵器の一種マインドワーパー・モジュールを使い、霧を発生させてペイジの部隊の意識を奪った。サーンと生き残った警備兵は逃げ去り、ペイジの部隊は2後に目を覚ました。彼らは少し方向感覚を失ったが、間もなくサーンの追跡を続け、最終的に格納庫でさらに多くのストームトルーパーと戦いになった。ヴァンドロはヴァイパー・グレネード・ランチャーからグレネードを発射し、敵の兵士たちを殺した。しかしサーンはクルーザー<アンビション>で脱出を終えた後だった。コントロール・パネルにアクセスしたシーロは、携帯式ビームドリルを使い、サーンが脱出後に残していったプラネタリー・シールドに通過用のスペースを開けた。これにより、新共和国機動部隊の惑星制圧が可能になった。

カルシェボールは制圧されたが、ペイジはサーンが軍隊の大部分を引き連れて逃走したことと、直接目にした先進兵器の脅威を懸念した。彼はアパート施設の小さなオフィスを司令室に改造し、機動部隊の提督に連絡を取ってモフ追撃のための援軍を要請した。しかし新共和国軍は手薄なため部隊を割けず、ペイジはカルシェボールの市民から新兵を採用することになった。ペイジのオフィスにやって来たジェッサ・デイジャス(サーンの監房区画に捕らわれていた帝国軍将校)は、サーンが“ダークストライダー”の計画について話していたことを、ペイジに教えた。サーンは既に基地のコンピューターから関連する情報を消去していたが、ペイジは計画のコードネームが分かっただけでも十分に喜んだ。デイジャスは、自分がサーンが行った“忠臣の追放”の犠牲者であると主張し、新共和国の側についた。彼女は惑星のソービス谷にある秘密ドックに、大規模な改造が行われたCR90コルベット、<レネゲード>が眠っていることをペイジに教えた。ペイジは彼女と共にドックに向かったが、街の通りでローカーという名のトワイレックから話しかけられた。戦いの間に船を傷つけられたローカーは、新共和国に賠償金を求めた。ペイジは丁重に拒否した後に再びドックを目指し、そこでデイジャスやコマンド兵士数名と合流した。

<レネゲード>が1、2日で航行可能になることをしったペイジは、船のためにクルーを招集し、サーンを見つけ出して打倒する任務に彼らを派遣することにした。ペイジはシーロを船の艦長に任命し、アドリメトラムをその一等航宙士に据えた。また、護衛用のXウイングのパイロットを提督に用立ててもらった。ペイジは民間人(デイジャスやローカーを含む)からも多くのクルーを呼び集めた。任務の内容をシーロに説明したペイジは、複数の達成目標を彼に与えた。モフ・サーンを見つけるだけではなく、モフの新型テクノロジーがどこからやって来たのかを突き止める任務、そしてケイソル宙域やケイソル・リフトの向こうにある未知領域で、そこにいる帝国軍について調査し、報告する任務、さらにケイソル宙域と未知領域の星々に関する調査報告任務、発見した入植地や文明に対し、新共和国の利権の代理人を務める任務など、ペイジがシーロに与えた役割は多かった。ペイジは任務に加わることが出来なかったが、彼の司令能力に信頼を置いていた。<ファースター>(<レネゲード>から改名された)のクルーはサーンを見つけ、破ることに成功し、ケイソル星系の強力な遺物がモフのテクノロジーの源になっていたことを突き止めた。しかし、シーロが任務の中で命を落としたことに、ペイジは狼狽する。ペイジは<ファースター>のクルーのため祝賀式典を開催するよう暫定評議会に働きかけたが、サーンの強力な遺物に関する事実を秘密のままにしたいと考えるモン・モスマは、要請を拒否した。彼らの任務に関する全ての記録が新共和国情報部によって抹消されたが、モスマは優れたクルーを選び抜いたペイジに祝福の言葉を述べた。

その後の活動

ダークストライダー戦役以降、カターン・コマンドはいくつかの救助任務に派遣された。新共和国軍がヘツクで帝国と戦った際、ゴールド中隊に属す2名のXウイング・パイロットが、ボーダーランド・リージョンの惑星にある無人のジャングル上空で撃墜された。新共和国軍は撤退したが、ウイング・コマンダーグレニとそのウイングメイトブロスを回収するため、ペイジと5人のコマンド兵士が惑星に送り込まれた。日が暮れる前に、帝国軍はジャングルでグレニたちを発見したが、夜が近かったため基地に戻る余裕がなく、パイロットを捕まえたまま野営を行った。マクロバイノキュラーで帝国兵士とHAVr A9浮遊要塞を確認したペイジは、敵の車両を奪うために、降伏を装うことに決めた。ペイジとコマンド兵士のフロラルアイドウは、帝国のビークルの外を警備していた2名の兵士に近づき、降伏を宣言した。兵士たちは仲間を呼ぶために、車両のハッチを開けた。ウーキーのフロラルは兵士たちを攻撃し、ペイジは輸送機の中から現れたストームトルーパーに向かってグレネードを投げつけた。アイドウは倒れた兵士のブラスター・ライフルを奪って銃撃をはじめ、ヴァンドロは連発式ブラスターで敵を一掃して、輸送機のリパルサーリフト・エンジンを無効にした。車両に乗り込んだフロラルは、残っていた2名の帝国軍人を気絶させ、Xウイング・パイロットたちは無事救出された。それからしばらくした後、ペイジのチームには新しい任務が下された。帝国が勝利した戦いで機体を撃墜された6人の新共和国軍パイロットを救うため、ゴットゥとアイドウが惑星ジェンドーンの都市ブルジオンへと潜り込んだ。ふたりがパイロット救出任務に成功した後、ペイジとシラ・トースが星系に駆け付け、彼らを惑星から運び去った。

9 ABY、新共和国には、利用可能な貨物船が不足し、通商に大きな被害が出ていた。十分な貨物を運送するため、ハン・ソロは密輸業者たちと接触し、彼らの助けを借りようとした。ペイジとウェッジ・アンティリーズは、密輸業者時代の知り合いを訪ねて回るソロとチューバッカに同行した。彼らはやがて惑星タトゥイーンを訪れ、ソロはモス・アイズリー宇宙港カンティーナで密輸業者ドラヴィスと顔を合わせた。アンティリーズはソロとの関係を特に隠さず、ソロの護衛として堂々と振舞ったが、ペイジは目立たない外見を生かして店内で身を隠し、ソロの本当の護衛を務めた。ペイジは、ドラヴィスが店内に仲間を連れ込んでおらず、ブラスターも1丁しか持っていないことに気づき、彼が去った後にそのことをソロに報告した。その後、4人はオブロア=スカイを経由(新共和国機動部隊敗北した現場の調査のため、立ち寄った)し、コルサントへと帰還する。それから数週間の間に、ペイジとコマンド兵士たちは新しい任務に派遣された。

Backthatmanup

ソロがドラヴィスと会見した際、ペイジは密かに目を光らせていた

オブロア=スカイにおける機動部隊の壊滅は、帝国のスローン大提督が行った、新共和国に対する軍事作戦の始まりに過ぎなかった。大提督は、数か月で広大な領域をその手に収めた。インペリアル・パレス(新共和国が政府本拠地に使っていた)に設置された盗聴装置は、スローン大提督に重要な情報を提供し、ウェイランドで発見された皇帝クローニング設備によって、帝国の軍事力は拡大した。かつて皇帝の手だったマラ・ジェイドは、新共和国の側へと転向し、レイア・オーガナ・ソロにクローン施設の位置を教えた。オーガナ・ソロ(いまやハンと結婚していた)は、オフィスで施設破壊に関する話し合いをするために、ペイジを呼んで対盗聴用の調査を行わせた。やがて彼らの試みは成功し、スローンもビルブリンギで殺された。スローンの敗北によって、彼が展開した戦役も終結する。

スローンのから数週後、新共和国情報部は帝国がサラーウィーで新型兵器テクノロジーを研究していることを知り、カターン・コマンドに帝国軍基地への潜入任務を割り当てた。ルーク・スカイウォーカーも彼らの任務に加わり、ペイジは<スター・クエスト>のテレ・メタロ船長と接触するため、コマンド兵士を乗せた貨物船でガロスIVに赴いた。メタロは、自身の貨物船を任務のバックアップ用脱出船として貸し出す、フリーの商人だった。供給品を積み込んだ2隻の宇宙船は、帝国の情報提供者からサラーウィーへのハイパースペース座標を聞き出し、商人を装って惑星へと旅立った。コマンド・チームは、基地の研究所と工場、倉庫施設を破壊し、コンピューター・ネットワークにウイルスを流す任務を課されていた。ペイジの部隊は3つのチームに分かれ、倉庫へと運ばれる供給品コンテナの中に隠れた。施設の内部に潜入すると、彼らは複数の爆薬をセットし、ペイジはス買うウォーカーと共に研究所に向かったコレンに連絡を取った。爆弾は同時に爆発するよう設定され、コマンド兵士たちは爆発が発生する前に2隻の貨物船で惑星をあとにした。目標は破壊され、彼らの任務は成功に終わる。

潜入任務の後、ペイジはしぶしぶ大尉への昇格を受け入れた。その後まもなく、ペイジの部隊はキャップ・デンドのコマンド・チーム・ワンと共にコメナーへと潜入する。ローグ中隊はこの惑星のゼノヴェット施設に帝国の囚人が収容されているという情報を手に入れており、オーガナ・ソロは施設への襲撃を許容するよう、コメノリアン政府を説得していた。夜に乗じて、両コマンド・チームが施設へともぐりこみ、カターン・コマンドが主な収容エリアを確保する間に、コマンド・チーム・ワンは納屋を押さえた。彼らは建物の中に何もないことを知ったが、デンドは納屋で栄養失調の囚人たちを発見した。ローグ中隊に対する帝国の抵抗は微々たるもので、納屋にやって来たウェッジ・アンティリーズとペイジ、デンドは、帝国が1週間以内に施設を放棄していたのではと推測した。

2年後、ハン・ソロとチューバッカはケッセルのモー星団の中に位置し、銀河外部から完全に独立した帝国研究施設、モー研究所を発見する。ここでは、亡きグランドモフウィルハフ・ターキンのために、超兵器の研究が行われていた。研究所を占拠し、そこにいるウーキーの奴隷たちを解放するため、アンティリーズ率いる新共和国軍特殊部隊が集められ、カターン・コマンドは前線での戦いを率いる役目が与えられた。彼らチューバッカやソロのプロトコル・ドロイド、C-3POと共にCR90コルベット艦隊に乗り込み、コルサントからモーに向かう間に、メイディン将軍から作戦の説明を受けた。目標に到着すると同時に、部隊は基地のわずかな防衛力を麻痺させたが、帝国のメタル=クリスタル・フェイズ・シフター兵器は、破壊される前にCR90コルベットを1隻撃墜した。その後、カターン・コマンドを含む攻撃部隊は、基地の中央小惑星に着陸し、チューバッカの後に続いて通路を進みながら、ストームトルーパーの防衛軍と銃撃戦を行った。ウーキーの奴隷たちは既に監督者に対して蜂起しており、攻撃チームは、ウーキーに囲まれながら、フォース・ウィップで彼らを撃退しようとする監督者を目にした。ペイジの言葉で監督者は武器を降ろしたが、結局彼はかつての奴隷に殺されることになった。

研究施設は確保されたものの、その幹部スタッフはデス・スター・プロトタイプに乗って脱出していた。モー研究所を管理していたナタシ・ダーラ提督は、旗艦のスター・デストロイヤー<ゴルゴン>に到着し、新共和国へのゲリラ戦を展開する。ジェダイの弟子キップ・デュロンと、いまやジェダイ・マスターになったルーク・スカイウォーカーは、盗み出した帝国の超兵器サン・クラッシャーでダーラを追撃する。ハン・ソロの<ミレニアム・ファルコン>も後に続き、戦いの結果、<ゴルゴン>は大破し、ふたつの超兵器もモーのブラックホールに吸い込まれた。

ユージャン・ヴォング戦争

セルヴァリスの捕虜

「ペイジ大尉。わたしはなんとしても生き延びて、ユージャンターが恒星の軌道を四分の一回るまえに、きみを再び捕え、犠牲の積み薪の上に横たえてやるぞ」
「万が一、再会したときのために、そのひん曲がった脳にこれをたたきこんでおくんだな。きみはわたしの部下を五〇人殺した。次に会うときには、いまのように寛大な気持ちは持てないぞ」
―マリク・カーとジャッダー・ペイジ[出典]

19 ABY、新共和国と帝国の残存勢力の間に平和協定が締結され、20年近く続いた戦争の時代に終止符が打たれた。しかしそれから6年後ユージャン・ヴォングとして知られる外銀河種族が、銀河系への侵略戦争を開始した。機械技術を憎み、独自の宗教を信奉するユージャン・ヴォングは、新共和国の領域を次々と征服し、戦争の2年目には首都コルサントを征服した。28 ABY、新共和国は銀河連合自由同盟に生まれ変わり、惑星モン・カラマリを拠点に銀河を奪回するための大規模な試みを開始した。ペイジは宇宙軍の所属になり、トリニティ作戦ではパッシュ・クラッケン中佐配下の大尉として、<メモリー・オブ・アイソア>に乗艦した。これはビルブリンギの奪回を目的とした、銀河同盟とインペリアル・レムナントの共同作戦だった。彼らの望みは、コルサントを取り戻すための足掛かりになる、コア・ワールドの重要地点を確保することだった。

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

個性と特徴

旧共和国のジェダイ・ナイトと、ジェダイが持つ勇敢な特質を崇拝しながら成長したジャッダー・ペイジは、彼らのような才能を持たない父親と、帝国アカデミーの教師たちを軽蔑した。理想主義の若者で、帝国を憎んでいたペイジは、帝国の訓練プログラムを利用して自らの技術を磨いた後、反乱同盟に加わることで、その技術を憎しみの対象に向けて使えることに気づいた。ペイジが離反した直後、反乱軍のクリックス・メイディン将軍は、帝国との戦いを求めるこの若者が、同盟軍で上手くやっていくだろうと考えた。同盟軍で活動する間、ペイジは忠誠心、献身的姿勢、臨機応変さ、創造的な能力を発揮し、これを認められてハン・ソロのエンドア攻撃チームに加わることになった。

身体的な特徴が特になく、多くの才能と指導力を持っていたおかげで、ペイジは人生を通して優れたコマンド兵士として活躍することが出来た。青年期を様々な戦闘および防衛技術の訓練に費やし、帝国屈指の教師たちから惑星戦闘の理論を学んだ後、ペイジは帝国と反乱同盟に仕え、やがて新共和国最高の兵士のひとりになった。新共和国に仕えていた頃、ペイジは同盟軍特殊部隊の伝説的存在と見做されていた。ペイジの部下のコマンド兵士たちと同様、彼自身も都市戦闘技術や大型兵器の扱いなど、広範囲の専門知識を持っていた。先進的な戦い方とサバイバル訓練について幅広い心得があるペイジは、射撃の名手でもあり、白兵戦にも熟練していた。ペイジはアーマーの使い方も訓練されていたが、装甲を着用しなくても容易に任務を遂行することが出来た。彼は非常に多彩な兵士で、新共和国のエリート・トルーパーのひとりだと考えられていた。

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

制作の舞台裏

AlienPage

コミック版『帝国の後継者』では、ペイジは非人類のキャラクターとして登場した

ペイジ中尉はティモシイ・ザーンによってつくり出され、1991年小説帝国の後継者』に登場した。1992年の『Heir to the Empire Sourcebook』(未邦訳)でキャラクターとコマンド部隊の設定が広げられ、身体的な特徴とホスの戦いに参加していた経歴が紹介された。1993年の『The Movie Trilogy Sourcebook』(未邦訳)では、エンドアの戦いに参加していたという設定も追加される。このキャラクターは1990年代の小説作品で小さな活躍を果たし、ニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズにも登場した。『最後の予言』では、キャラクターのファーストネームが“ジャッダー”であることが明らかになった。

1999年スター・ウォーズ カスタマイザブルカードゲームの『Endor Limited』拡張セットで、ペイジ中尉が『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の<ホーム・ワン>作戦会議のシーンにエキストラとして登場していたことが後付設定された。エキストラを演じたのは、1977年の『スター・ウォーズ』でストームトルーパーも演じたデイヴィッド・チャーチである。チャーチは「コレクターマニア・コンベンション」(Collectormania convention)でサインをしていた時、『ジェダイの帰還』で自身が演じたキャラクターに名前が与えられていることを知った。

『Heir to the Empire Sourcebook』でペイジの種族は人間に設定されたが、コミック版『帝国の後継者』では明らかに非人類のキャラクターとして登場している。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはジャッダー・ペイジに関する7枚の画像があります。
  • スター・ウォーズ ギャラクティック バトルグラウンド (言及のみ)
  • The Adventures of Han Solo
  • Star Wars: Rebellion
  • スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 (後付設定後の初登場)
  • Return of the Jedi Storybook (後付設定)
  • Return of the Jedi: A Storybook (後付設定)
  • Star Wars: Return of the Jedi 3: Mission to Endor (後付設定)
  • PolyhedronLogo The New Republic Campaign: The Battle for Endor from the PCs' Perspective—Polyhedron 90 正史設定が曖昧)
  • WEG icon2 "Night Attack"—Galaxy Guide 5: Return of the Jedi (間接的な登場)
  • WEG icon2 "The Deposition of General Solo"—The Truce at Bakura Sourcebook
  • X-wing Rogue Squadron 35: Mandatory Retirement, Part 4
  • SWInsider small "Buyer's Market"—Star Wars Insider 126
  • 新生ローグ中隊
  • 首都奪回への賭け
  • X-wing: Wraith Squadron (言及のみ)
  • DSCheader "The Saga Begins"—The DarkStryder Campaign
  • DSCheader "Introduction"—The Kathol Rift (言及のみ)
  • DSCheader "The Saga Nears Its End"—Endgame (言及のみ)
  • WEG icon2 "Commando Mission"—Heir to the Empire Sourcebook
  • WEG icon2 "Gottu and His Vibroaxe"—Dark Force Rising Sourcebook
  • 帝国の後継者 (後付設定前の初登場)
  • Heir to the Empire 1
  • 最後の指令 (言及のみ)
  • SWAJsmall "Rendezvous with Destiny"―Star Wars Adventure Journal 6 (言及のみ)
  • X-wing: Isard's Revenge
  • フォースの覇者
  • X-wing: Starfighters of Adumar (言及のみ)
  • Ylesia (言及のみ)
  • 最後の予言 (言及のみ) (ジャッダーとしての最初の言及)
  • 迷走
  • 統合

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 出典:スター・ウォーズ・エンサイクロペディア
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 出典:統合
  3. カタカナ表記は『統合』に基づく。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki