FANDOM


ジム(Xim)、通称暴君ジム(Xim the Despot)は銀河帝国ファースト・オーダーよりはるか昔の時代を生きた軍将である。帝国時代クリムゾン・ドーンを率いる犯罪王ドライデン・ヴォスマイタグ・クリスタルでできた暴君ジムのマストヘッドを所有し、スター・ヨットファースト・ライト>の書斎に飾っていた。[1]

制作の舞台裏

Xim

ジムのシンボルマーク

暴君ジムは1980年に発売されたブライアン・デイリーによるスピンオフ小説『ハン・ソロと失われた遺産』(未邦訳)で初めて言及された人物である。以来、スター・ウォーズ銀河における歴史上の人物として、レジェンズのさまざまな資料で設定が掘り下げられた。正史での初出は2017年に発売された『スター・ウォーズ 最後のジェダイ ビジュアル・ディクショナリー』(ジェイソン・フライ著)。

参考資料

脚注

他言語版