FANDOM


「さてどうする? 今度はお前が決める番だ」
「ああ、じっくり考えたが、仲間になることにした」
―ダース・モールとジットン・モジ[出典]

ジットン・モジ(Ziton Moj)はファリーン男性で、ブラック・サンの警備隊長。惑星ムスタファーゾミット・グランセイト率いるブラック・サンの指導者たちを護衛していたが、クローン戦争中にダース・モールシャドウ・コレクティヴに参加した。

経歴

「お前たちの指導者に会わせろ」
「死んでもよけりゃな」
―ダース・モールとジットン・モジ[出典]
Moj-TakeoverOnMandalore

惑星マンダロアでテロ行為を起こすジットン・モジ

クローン戦争中、シス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスデス・ウォッチの指導者プレ・ヴィズラらが惑星ムスタファーにあるブラック・サンの本部にやってきた。彼らはブラック・サンのリーダーであるゾミット・グランセイトに、自分たちの同盟に参加するよう要請した。グランセイトは申し出を拒絶し、モジに訪問者たちを始末させようとした。しかしファリーンの幹部たちはオプレスのダブル=ブレード・ライトセーバーによって一瞬で皆殺しにされた。オプレスの力を目の当たりにしたモジは、指導者を失ったブラック・サンの代表としてモールの同盟に加わることに同意した。

モールの“シャドウ・コレクティヴ”のメンバーになったモジは、デス・ウォッチによる惑星マンダロアの占領作戦に参加することになった。モジ率いるブラック・サンはパイク・シンジケートと共にマンダロアの首都サンダーリでテロ行為を働き、サティーン・クライズ女公爵新マンダロリアン政府の危機対応能力の低さを浮き彫りにした。デス・ウォッチが“救世主”としてマンダロアに戻ってくると、ブラック・サンやパイクは打ち合わせ通り大人しく捕えられた。モジのチームもボ=カターン・クライズマンダロリアン部隊によって拘束された。

その後、デス・ウォッチはマンダロアの征服に成功した。モールがヴィズラを殺し、支配者の座を強奪した後も、モジはシャドウ・コレクティヴに仕え続けた。ブラック・サンはオード・マンテル独立星系連合と戦った後、ダソミア戦闘のさなかにコレクティヴから脱退した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。