FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ジオノージアン[1](Geonosian)は、銀河共和国クローン・トルーパーからはジオス(Geos)やバグズ(Bugs)等の俗称で呼ばれた、アウター・リム・テリトリー惑星ジオノーシス出身の昆虫型知覚種族である。

生態と外見

ジオノーシスは地磁気の影響が弱く、太陽から注がれる有害な宇宙線のほとんどが地上にそのまま降り注がれる。したがって彼らは地上に出ることを好まず、自ら築いた地下都市にハイブ(巣)・コロニーを形成する。

非常に排他的と言う事で知られている。また、極めて攻撃的というわけではないが、処刑アリーナでの剣闘士同士の血なまぐさい殺し合いを見物することを好む。ハイブ間の抗争もまれなことではない。 ハイブ・コロニーには執拗なまでに外部からの侵入者を監視し、攻撃する為の仕組みが作られている。建物の巨大な柱や天井の装飾の陰に隠された隙間に、強い爪でぶら下がり、侵入者を見つけると羽を広げて舞い降りて、攻撃する。独特の文化で育った故に独特の技術を持ち、その水準は非常に高い。侵入者に対し過剰なまでの警戒を行っているのは、産業スパイを恐れているからである。

社会と文化

生物学的操作に長け、フェロモンを使った技術と繁殖計画により、特殊な社会制度を作り出した。社会は特権階級と兵士階級、労働階級に分かれている。ジオノージアンの大部分は一部の特権階級に仕えている。一人の支配者と労働者達がハイブ(巣)・コロニーを形成するのである。特権階級は知能が高く、行動の条件付けや選択繁殖を使い、多数のドローンを支配している。下層階級は酷使され、使われる為だけに存在するのだ。

階級制度の最下層は労働者階級である。労働者ドローンはサービス、労働、農業、製造に別れ、監督ドローンに監視され、使い捨て労働者として蒸し暑い地下工場で生産されるドロイドや聖堂風の建物を建造する。労働者ドローンに高度な知性を持つ物はほとんどいない。生活の自由や権利はほとんど無く、単調な仕事のみを行うように条件付けされ、選択繁殖の結果、知能と反抗心を失ってしまっている。また、背中の羽も退化しており、飛ぶことは出来ない。逃げ出す事も、その気すら持ち合わせておらず、完全に特権階級の為のみにその人生を送る。働けと言われれば働き、眠れと言われれば狭いアルコーブに固まって身を縮めて眠る。特権階級が眠って良いと命令するのは情けによる物ではない。生物故に眠らせ無ければ生産性が落ちる事と、必要な食料や場所を節約する為である。また、武器を持って自分やハイブを守ることすら許されていない。他者から攻撃を受けても出来ることはせいぜい棒や近くにある何かを振り回す位の知性しか持ち合わせていない。

ジオノージアンには一応ではあるが言語が存在し、ポグル・ザ・レッサーをはじめとする支配階級のジオノージアンはこれを用いて会話を行う。非常に特徴的な吸着音言語であり、巻き舌を多用する。

兵士ドローンはある程度の知性と権利を持っている。生物学的に戦士向けに選択、条件付けされ、成長が非常に早く、6歳でジオノージアン武装軍で戦闘可能なまでに成長する。体力に優れ、敵を恐れず執拗に攻撃する様に生まれついた彼らは、背中に羽を持ち、自由に飛行することが出来る。労働者ドローンより知性が高いとはいえ、兵士ドローンの自主的な思考は限られている。攻撃されると無我夢中で反撃するが、知能の高い敵を攻撃するのは苦手である。厳しい労働観を持ち、労働階級は特権階級に仕え、酷使されるが、ハイブから出ると惑星でもっとも人気のあるアリーナでの剣闘士の戦いを楽しむ。この興行は特権階級が用意し、供給するものである。

特権階級と労働階級は、生物学上の明確な差異がある。一例では特権階級は成人になると背中の羽を使わない。大まかに分類したところが上記の物であるが、それ以外に目的に特化した階級も存在する。たとえばパイロット階級はジオノージアン・スターファイターを操縦するため、戦闘機のコンピュータを訓練パートナーとして育成される。飛行と戦闘に関し、深くコンピュータとリンクし、戦闘の三次元的資格を直感的に行う能力と高い反射神経を鍛えた彼らは、コンピューターと唯一の家族、と言ってよいほどの共存関係を築いている。

歴史

クローン大戦以前のジオノージアン

以前、ジオノージアンはハイブごとの抗争が絶えなかったため、惑星外の顧客は大きな注文をしたがらなかった。しかし、ポグル・ザ・レッサーという下層階級出身の優秀な指導者がハイブの有力なものをまとめ、ジオノーシスが兵器製造の拠点にふさわしいことを知らしめた。これによってもともと性能では評価の高かったジオノーシスのドロイドは、トレード・フェデレーションに供給され、そのバトル・ドロイドの輸出はジオノーシスの基幹産業となった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki