Fandom

Wookieepedia

ジオノージアン

9,734このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 

ジオノージアン(Geonosian)は惑星ジオノーシス出身の翼のある昆虫型知覚種族。ジオノージアンは母星に尖塔型の巨大なコロニーを築いていた。ジオノージアンの社会はカースト制で、女王によって統治されていた。女王は惑星ジオノーシスの表向きの指導者に命令を出し、種族のハイヴ(昆虫の巣)に卵を産んだ。カリーナ・ザ・グレート女王は、ブレイン・ワームを使って他のジオノージアンや他種族のメンバーを操ることができた。

歴史

銀河共和国の後期、ポグル・ザ・レッサー大公率いるジオノージアンは、ドゥークー伯爵独立星系連合に加わった。分離主義者たちはジオノージアンに分離主義勢力ドロイド軍を製造させた。ジオノージアンの母星は、クローン戦争の最初の戦闘であるジオノーシスの戦いの戦場になった。当時、ジオノージアンは究極兵器設計図の作成を任されていた。大戦終結後、ジオノーシスは銀河帝国による掃討作戦の標的になり、原住民であるジオノージアンはほぼ絶滅した。エンドアの戦いの後、帝国軍将校の一部がジオノーシスのドロイド工場を再起動しようとしたが、反乱同盟の部隊によって妨害された。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki